東京レイヴンズ13 COUNT>DOWN

『東京レイヴンズ13 COUNT>DOWN』(あざの耕平著/富士見ファンタジア文庫)★★★★☆

東京レイヴンズ (13) COUNT>DOWN (富士見ファンタジア文庫)
東京レイヴンズ (13) COUNT>DOWN (富士見ファンタジア文庫)

前巻の感想はこちらから
東京レイヴンズ12 Junction of STARs | 晴れたら読書を

じ・・・焦らしますね・・・・・・っ!!(; ・`д・´)
嵐の前の準備回。謎の一部は明らかになりましたが、動くのは次回か。
うう・・・・・・14巻の発売日はいつですか?そこまで頑張って生きる。

☆あらすじ☆
夏目の窮地を機に、身を潜めていた仮初の巣から飛び立ち集結した仲間たち。再会を喜ぶのも束の間、わずか数日後に大規模霊災テロが計画されていることを知る。それは過去2度にわたり上巳の日に起こされてきた霊災テロの3度目―「本番」とも言うべきものだった!陰陽庁のトップ・倉橋ら、強大すぎる敵を前に、夏目たちは味方を増やすそうと行動を開始。が、それを阻むかのように陰陽庁がある声明を発表し…!?奔走する若き闇鴉たち、荒御霊を従えた元講師、独自の行動をとる『十二神将』、退路を断たれゆく春虎―刻々と迫る決戦の日に向け、星々が錯綜し戦況は目まぐるしく変転する!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 東京レイヴンズ13 COUNT>DOWN

犯罪共鳴 壊兎2 兎の信奉者

『犯罪共鳴 壊兎2 兎の信奉者〈フォロワーズ〉』(北山大詩著/富士見L文庫)★★★☆☆

犯罪共鳴 壊兎 (2) (富士見L文庫)
犯罪共鳴 壊兎 (2) (富士見L文庫)

打ち切り。
面白いのに・・・・・・伏線も回収されず、とても残念です。

☆あらすじ☆
タナトスが再び姿を見せてから数ヶ月。受験シーズンに入ったためか、近隣の中学では校内暴力事件が多発。また、繁華街でも通り魔事件が発生していた。街が不穏な空気に包まれる中、更紗自身も通り魔の人質となってしまう。海斗たちの機転によって事なきを得たが、この事件を契機に、更紗の闇は少しずつ浸食されていき…。これもタナトスの計画の一端なのか?海斗は大切な人を守れるのか?そして、兎の男・タナトスとアキ姉が、ついに海斗の前に姿を見せる―。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 犯罪共鳴 壊兎2 兎の信奉者