異世界魔法は遅れてる!2


『異世界魔法は遅れてる!2』(樋辻臥命著/オーバーラップ文庫)★★★☆☆

異世界魔法は遅れてる!2 (オーバーラップ文庫)
異世界魔法は遅れてる!2 (オーバーラップ文庫)

前巻の感想はこちらから
異世界魔法は遅れてる!1 | 晴れたら読書を

あふれ出す中二力。
もうちょっと抑えてくれると読みやすい文章になると思うのですが・・・・・・。
地の文はさらに読みにくく感じましたが、ストーリーは前巻よりも面白かったです。
それにしてもヒロイン交代なの?彼女がメインヒロインなの?

☆あらすじ☆
黎二たちと別れ、王都メテールに降り立った八鍵水明。冒険者ギルドに向かった彼は、精霊の力を扱うレフィール・グラキスという女剣士に出会った。水明はネルフェリア帝国に向かうため、彼女と共に帝国へ向かう商隊の護衛任務を受けることになる。順調に進むかと思われた任務だが、突如として一万を超える魔族と、北方の国ノーシアスを滅ぼした魔将・ラジャスが立ちはだかる。一方、黎二たちもまた、魔族との熾烈な戦いを繰り広げていた―。遂に牙をむく異世界の魔族、召喚された者達の運命は!異世界魔法と現代魔術が交錯する異世界ファンタジー、緊迫の第2巻!

以下、ネタバレありの感想です。

 

王城を出て始まった水明の異世界放浪記。
冒険者ギルドは定番ですよね。そこで出会った女剣士レフィールと一緒に商隊を護衛している最中、魔族の襲撃に遭ってしまう、というのが今回のストーリー。

 

やっときた魔族!
勇者を守ろうとする貴族たちによってオトリに使われた水明がピンチに遭うわけですけど、ここで現代魔術と異世界魔法の成り立ちの違いが明らかになりました。
エレメントがどうのって話は前巻から出てはいましたが、なるほど。・・・・・・なるほど?
現代魔術についてもたくさん説明が出てきましたけど、多すぎて読み流してしまいました。蘊蓄の詰まり具合がすごい。あふれる中二知識。

 

情報過多に少し胸やけを起こしかけましたが、ストーリーそのものは前巻よりも面白かったです。
追い詰められた孤独な少女を守るために立ち上がるヒーロー!
王道です。これが読みたかったのです。前巻の嫌みったらしい水明はどこかへ消え失せ、今回の水明は最後までとても格好良かったです。

 

さて、そんな水明の過去がちょっとだけ見えてきました。たぶん。
この回想シーン読みにくかったんですよね・・・・・・。
母を守れなかった父の無念を晴らそうとしているということなんでしょうが、その具体的なところはぼかされたまま。
異世界にいたまま少しずつ水明の過去を明かしていく感じになるのかな?

 

回想シーンも読みにくかったのですが、戦闘シーンの読みにくさは飛び抜けていました。
言葉使いが気になるんだよなぁ。私に合わないだけかもしれませんが。あえてそこでその言葉を選ぶの?みたいな。難しい言葉を使うことで雰囲気を盛り上げようとしているのかもしれませんが、置いてけぼり感がひどかったです。あと状況説明が長いかなぁ。

 

うう・・・・・・面白いのに。ストーリーは面白いのに!
キャラも良くなってきてるし、文章さえ慣れてしまえばもっと楽しめるんでしょうけどねー・・・

とりあえず3巻は読みます!

異世界魔法は遅れてる!2 (オーバーラップ文庫)異世界魔法は遅れてる!2 (オーバーラップ文庫)
樋辻臥命,himesuzオーバーラップ
売り上げランキング : 12681Amazonで詳しく見る
スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。