見習い神官レベル1(4) だけど、この手を離さずに

『見習い神官レベル1 〜だけど、この手を離さずに〜』(佐々原史緒著/ファミ通文庫)★★★★☆

見習い神官レベル1 -だけど、この手を離さずに- (ファミ通文庫)
見習い神官レベル1 -だけど、この手を離さずに- (ファミ通文庫)

前巻の感想はこちらから
見習い神官レベル1(3)亡き姫君のための狂想曲 | 晴れたら読書を

完結巻。
やや急ぎ足だったものの、綺麗に、というよりはこの作品らしくうまく物語がまとまったと思います。
スーリィンは最後まできっちり可愛い嫁でした。満足!
ちなみに「大人の事情」で紙本では出せない短編集が電子書籍限定で配信されるようです。良い時代になったものだ。

☆あらすじ☆
多くの犠牲と謎を残し、砂の巨人となり滅びたペルスカ。その黒幕と思しきリベカを警戒し、ヨシュア達は太守ダルタスを護衛してルステラへ赴くことになる。だが現れたのは偽教師だった破戒神官。そして彼女を追って、雷凰の対・雷鳳の少年が襲来する!神々の禁忌を犯したリベカを捜しているという彼は、人と神魔の婚姻もまた禁忌だと告げてきて―。「リベカ様を助けて」と願う敵と明かされる神魔の秘密を前に、ヨシュアが選ぶ道は!?シリーズ堂々完結!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 見習い神官レベル1(4) だけど、この手を離さずに

スクランブル・ウィザード1

『スクランブル・ウィザード』(すえばしけん著/HJ文庫)★★★★☆

スクランブル・ウィザード (HJ文庫)
スクランブル・ウィザード (HJ文庫)

最近とても気になっているすえばしけんさんのデビュー作。新人さんとは思えない完成度だと思います。とても面白かった!
魔法を使える魔法士の主人公が、魔法士養成学校に臨時の教官として赴任するところから始まる物語。最近よく見かける教官モノですが、ヒロインは女子小学生です。
小学生・・・・・・青年と少女の組み合わせになんだか惹かれてしまう今日この頃・・・・・・(今月2度目

☆あらすじ☆
魔法を使える人間“魔法士”が国家財産として保護されている世界。魔法士のエリート機関「内閣府特別対策局」に所属する椎葉十郎は、とある事情で魔法士育成校へ教官として派遣されるが、そこで出会った少女・雛咲月子の扱いに四苦八苦する。そんな中、反魔法主義を掲げるテロ組織が学校を襲撃!十郎は生徒たちを守り切ることができるか。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む スクランブル・ウィザード1