魔王就任


『魔王就任』(市太郎著/角川ビーンズ文庫)★★☆☆☆

魔王就任 (角川ビーンズ文庫)
魔王就任 (角川ビーンズ文庫)

27歳のOLが10歳くらいの少女の姿で魔王に転生する、というお話。
小説家になろうからの書籍化作品です。
主人公の一人称視点で進むのですが、文体とストーリー展開が私にはどうにも合わなかったです・・・・・・

☆あらすじ☆
生まれかわったら“魔王”でした―交通事故で亡くなって、魔界で魔王として君臨することになった依子。側近は超絶美形な淫魔族の長イシュを筆頭に、美しいけれどとんでもないクセ者揃いの魔族たち!さらには勇者まで魔界に攻めてきて!?少女魔王の安心安全な魔族の国づくり、はじまります!!シリーズ累計PV数1100万超えの超人気WEB小説、待望の書籍化!!

以下、ネタバレありの感想です。ネガティブ要注意。

 

交通事故で死んだ主人公横山依子は、魔界で魔王として転生。見た目10歳くらいの少女姿で強大な魔力を垂れ流しつつ、美形だけど変態な側近達を傍において、より良い魔界ライフのため執務に励んでいました。
そんな彼女のもとにとある国から魔王討伐隊が派遣され、穏便に事を収めようとした彼女は、彼らの国で連続する銀髪美少女誘拐事件の解決を申し出ることにする、というストーリーです。

 

ちょっと私には合わない作品でした(´・ω・`)

 

まず文体が苦手。
一人称視点そのものは平気ですが、「〜よね」とか「〜ですよ」みたいな感じで常に誰か(読み手)に語りかけてくる感じの地の文はちょっと・・・・・・小説として読むには気がそれてしまうので苦手なタイプでした。

 

ストーリーもいまいち盛り上がりに欠けているように感じました。
銀髪少女誘拐事件は割とあっさり犯人や企みがわかり、あっさり犯行現場に行ってサクっと帰るだけ。なんだか予定調和すぎる展開に肩すかしを食らってしまいました。

 

キャラもあんまり。
逆ハーレム状態なのは良いのですが、4人の側近たちの中でちゃんと物語の中で個性を持って動いていたのはガルマだけのような。あとの3人はちょっと区別がつきませんでした。表紙のイシュに至っては出落ちを感じるほど終盤の影が薄くなっていましたし。
魔王依子もTUEEキャラで有能ではあるのですが、その有能設定が浮いているような。彼女のお説教もどこか借り物くさくて目が滑ってしまいました。あとお説教タイム長い・・・・・・

 

ぶつぶつ文句言ってごめんなさい。私には合わない作品だったと言うことで。

魔王就任 (角川ビーンズ文庫)魔王就任 (角川ビーンズ文庫)
市太郎,宮城 とおこ

KADOKAWA/角川書店
売り上げランキング : 3674

Amazonで詳しく見る

スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。