ひきこもりの彼女は神なのです。1


『ひきこもりの彼女は神なのです。』(すえばしけん著/HJ文庫)★★★★☆

ひきこもりの彼女は神なのです。 (HJ文庫)
ひきこもりの彼女は神なのです。 (HJ文庫)

表紙とタイトルとあらすじからちょっと不思議な日常ラブコメだと思い込んでいました。騙された!
かなり不思議系な非日常もの。異能バトル要素もあります。
そしてストーリー。いやー繰り返すけど、騙された!

☆あらすじ☆
高校進学を機に、とある学生寮での新生活をスタートさせた名塚天人。だが、彼が本来入るべき部屋には“冥界の王”を名乗る少女、氷室亜夜花が居座っていた!天人は自分の居場所を確保するために、亜夜花をあの手この手で誘い出そうとするが…。幻獣、怪物、神話の神々。人ならざる者達が集う街を舞台に繰り広げられる“超日常”ストーリー、開幕。

以下、ネタバレありの感想です。

 

人ならざるモノが人に融け込んで共存する実尋市。
半神半人の名塚天人は、その街の秩序を管理する「天秤の会」のメンバーが集まる学生寮に入寮することになり、そこで出会った引きこもりの神様・氷室亜夜花と一悶着を起こしてしまい・・・・・・という感じに物語は始まります。

 

この出だしはすごく日常ラブコメっぽかったのに!

超常の存在が普通に生活する街。神様いっぱいな寮生活。久しぶりに再会した幼馴染みの女の子。
ポイントだけ取り出せば日常ラブコメっぽいのに、蓋を開けてみると黒い・・・・・・黒いぞ!

 

特に神様たちが意外に容赦ないのです。
彼らがすることは秩序管理だけで人間がどうなろうと秩序が乱れなければ知ったことじゃない、というのが物語の良いバランサーになっていました。
ご飯作ってもらってるけど別に味方じゃないよー、という手のひら返しがなかなかw

 

それとタイトルにもなっている亜夜花の引きこもりに隠された事情も予想外に暗くて驚きました。
八つ当たりを延々と受け続けるのって気が滅入りそう。神様も鬱になるんだなって思いました・・・・・・

 

ストーリーも二転三転して予想外な方向へと進んでいってとても面白かったです。
梨玖は負けるタイプの幼馴染みだなぁ〜とか思っていたのにリクが出てきて、でもリクはいなくて???
これ全部読めた人いるんですかね?珠ちゃんは引っかけだと思ってましたけど、そこから更にひっくり返すとは。
「幽霊的存在の哀愁」な感じの話だと思っていたらまさかのヤンデレ展開でちょっと笑ってしまいました。再会したばかりの幼馴染みへの執着としては度が過ぎているような気も・・・・・・。

 

このシリーズ、これからも秩序を乱す人外の存在と戦う異能バトルな感じで話が進むのでしょうか。
重力制御っていう天人の能力は工夫次第で面白くなりそうなので楽しみです。

 

それと気になるのは寮メンバーの正体。
今回で亜夜花とてとらの正体は分かりましたけど、他は誰が何なのかさっぱりですw
いずれひとりずつスポットが当たっていくのでしょうか。

 

今後の展開が楽しみです。

ひきこもりの彼女は神なのです。 (HJ文庫)ひきこもりの彼女は神なのです。 (HJ文庫)
すえばしけん,みえはるホビージャパン
売り上げランキング : 21401Amazonで詳しく見る
スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。