うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。


『うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。』(CHIROLU著/HJ NOVELS)★★★★☆

うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。 (HJ NOVELS)
うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。 (HJ NOVELS)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

2015年2月刊。
間違いなく倒せる(確信)
冒険者の青年と彼が拾った「魔人族」の少女の交流を描くファンタジーテイストのホームドラマ。
健気なラティナが可愛すぎて可愛すぎて・・・・・・。うん。「おにいさんとロリ」の組み合わせが私のツボだというのはよくわかった。
恋愛関係とかではなく、親子とか年の離れた兄妹みたいな「保護者と子ども」という穏やかで優しくて温かな関係。それがとても癒されるのです。
あまりにもラティナを愛ですぎて、終盤の展開には涙ぐんでしまいました(´;ω;`)
これ、WEB版では続いているようですから2巻も出るんですよね?ぜひ続刊もお願いします!!

☆あらすじ☆
高い戦闘技術と冷静な判断力を武器に、若くして頭角を現し、近隣にその名を知られる冒険者の青年デイル。とある依頼で深い森の中へと足を踏み入れた彼は、そこでガリガリに痩せ細った幼き魔族の少女と出逢う。罪人の烙印を背負いしその少女・ラティナをそのまま森に捨て置くことが出来ず、これも何かの縁かと彼女の保護者になる決意をしたデイルだったが―「ラティナが可愛すぎて、仕事に行きたくない」「また馬鹿言ってんの!?」―気づけばすっかり親バカ全開に!?凄腕冒険者の青年と訳有り魔族少女のアットホームファンタジー!!

以下、ネタバレありの感想です。

 

年若い冒険者デイル。彼が仕事中に拾ったのは「片角を折られる」という罪人の証を持つ魔人族の少女ラティナでした。
父を亡くし魔人族からも追放されたひとりぼっちのラティナの保護者となることを決意するデイル。こうして、デイルの親バカ日誌ともいえるこの物語が始まるのです。

 

ラティナかわいいよラティナ(´∀`*)

 

この物語を表すなら、とにかくラティナが可愛いの一言に尽きます。
実はデイルはかなりトップクラスの冒険者であるとか高位神官位を持ってるとか色々途中で明らかになるものの、割と本気でどうでもいいです。もうラティナが可愛い。それだけが至上の真理なのです。

 

この作品は、基本的には森からクロイツに連れてこられたラティナが、そこで出会った優しい人々のなかにゆっくりと溶け込んでいき、そんな彼女をデイルを筆頭とする周囲の人々が温かく見守る物語といえます。
健気で一生懸命なラティナに癒され、デイルの親バカっぷりに笑い、周囲の大人達も実はラティナに陥落ずみであることに深く頷いたりしながら、楽しくこの優しい物語に浸ることができました。
ほんとにもう超癒された。

 

それにしてもあれですね、青年にだっこされる幼女の構図(つまり表紙)って素晴らしいですね。
これに恋愛だの何だのが絡んだら興醒めしてしまうのですが、(今のところ)デイルは完全に男親ポジションなので安心してふたりの関係を見守ることができました。おにロリ最高だなオイ。

 

そんなアットホームドラマな本作ですが、それだけではちょっと起伏に欠けるかなぁ?
とか途中で思ってしまった自分を殴りたい。

終盤、ラティナの自傷行為でボロ泣き。
女教師の暴言に傷ついたのかと思いきや・・・・・・こんなに早く「種族の違い」をつきつけてくるとは(´;ω;`)
同族に捨てられ傷ついていたラティナが、自分を受け入れて癒してくれた人間たちに置いていかれたくないと思うのは当然でしょう。むしろ普通よりも強い感情がこみ上げてくるはず。泣きじゃくるラティナを見るのが辛すぎて私が死にそうでした。
ファンタジー舞台で冒険者主人公であっても本作は全体的にホームドラマ要素が強かったので、こんな形でファンタジー世界ならではの問題を持ってくるのは良いアクセントになっていたと思います。とても面白かったです。でもほんと辛かった!!。゚(゚´Д`゚)゚。

 

ラティナがなぜ「罪人」として追放されたのかはこの巻では明らかになりませんでした。WEB版は続いているようだし、書籍も2巻が出るのかな?
まだまだラティナに癒されたいしデイルの親バカに笑いたいので、ぜひ2巻をください!!

あと、「白金の妖精姫を見守る会」ってどこで入会手続できるんですか?(真顔)

うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。 (HJ NOVELS)うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。 (HJ NOVELS)
CHIROLU,トリュフホビージャパン
売り上げランキング : 9712Amazonで詳しく見る
スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。