ストレンジガールは甘い手のひらの上で踊る


『ストレンジガールは甘い手のひらの上で踊る』(森田季節著/MF文庫J)★★★☆☆

ストレンジガールは甘い手のひらの上で踊る (MF文庫J)
ストレンジガールは甘い手のひらの上で踊る (MF文庫J)

ベテラン作家森田季節の原点回帰といえる作品・・・・・・らしいのですが、そういえば私、森田作品って初読みでした。
文章のテンポは良いし、神秘性のある雰囲気はとても良かったのですが、ミステリーではないような?
じゃあ何かと言われると何とも答えづらい作品。伝奇譚?青春小説?恋愛小説?うーん、どれも何か違う気がする。うまく消化できずに感想が書きづらい。けれど不思議な味わいのある奇妙な作品でした。

☆あらすじ☆
一色佐奈は、地下鉄が好きなちょっと変わった女の子。そんな彼女は今、クラスメイトの浦上彰人に恋をしていた。ところが彼には、万里花という美少女の幼馴染がいることを知る。二人は何かの秘密を共有していたようだったが、恋敵と思っていた万里花の協力もあり、彰人とより親密になることができた。そんなある日、彰人から秘密を打ち明けられる。―それは古い集落に代々伝わる不思議な風習。彰人と万里花、二人の秘密の中に部外者の佐奈を迎え入れたことで、物語は大きく動き出す―。誰が彼女を殺したのか?苦して甘い、トライアンギュラー恋愛ミステリー。

以下、ネタバレありの感想です。

 

本作の登場人物は4人。
クラスメイトに恋をする地下鉄好きの女子高生一色佐奈
佐奈の片思いの相手である男子高校生浦上彰人と、彼の幼馴染みである土岐万里花
そして、「せんたい役」である彰人と万里花が世話をする、イケニエビトの(つくも)。

 

あらすじから三角関係ものだと思っていたのですが・・・・・・これは何か違う(((゜Д゜;)))
予想以上に複雑怪奇な人間模様が語られていくため、この作品を単純に青春小説だとか恋愛小説だとかいうフレーズを当てはめてしまっていいものなのか。

確かに本作において「恋愛」は重要な要素ですが、そもそも恋愛感情って何なのだろう?って思ってしまうんですよ。

佐奈も彰人もそれぞれの恋に対して純粋だったのは間違いないのでしょう。何を犠牲にしても想いを大事に守りたかったのでしょう。
ならどうして最後はふたりでいるの??
白への想いを捨てることのできない彰人が、全てを知ってもなお佐奈を受け入れる、その感情が私にはよく理解できないのです。

 

一方の佐奈についてもやっぱりよくわからない。タイトル的にこの作品の軸となる「ストレンジガール」。そんな佐奈というヒロインを私はどういう風に捉えれば良かったのでしょうか(´・ω・`)
途中までは片思いを実らせようと努力する健気な女の子だと思っていたのに・・・・・・。
あっさりと凶行に走った佐奈の恋も、彼女自身の正体も、終盤で明かされた真実は奇妙にねじれた感覚を与えてきます。まだ「バケモノ」として行動してくれていたら少しは理解できたのでしょうが、彼女の行動にあるのはただひたすらに彰人への恋なんですよね。そういう恋も、ある、のか?うーん。「バケモノではない女の子」があっさりと凶行に走って、それでいて「普通の女の子」として笑っている、その構図がとても奇妙でもやもやとしてしまいました。

 

当初はミステリアスな雰囲気を持っていた万里花の方がよっぽどわかりやすい人物でした。
彼女の行動はとてもシンプル。自分を「悪人」に貶める邪魔な存在を排除しただけですもんね・・・・・・。かつてあったはずの恋心がその行動を引き起こしたのだとしても、失われてしまった後の彼女には関係のないこと。白の記憶を失った後の「善人」の万里花こそ、彼女が取り戻したかった「あるべき自分」だったのでしょう。

 

・・・・・・うーむ、私には難解な小説でした。
軽快な文章とサクサクと進む展開に読んでいる間は楽しかったのですが、読み終わった今となれば何とも言葉に表しづらい。
読後の気分は異次元に迷い込んだストレンジャーです。

 

何を伝えたいのかよくわからない感想になってしまいましたが、一言で言えば面白い作品でしたうん。面白かったんですよ。このひたすら混乱する読後感は新鮮でしたし、そんな感覚を味わうこと自体が楽しかったのです。でもこの感覚をうまく伝えられないし(この感想記事を読んで面白そうと思う人はいないだろうなぁ)、人には勧めづらいかな。

これが森田季節作品の最初の1冊だったのですが、他の作品も読んでみたいですね。とりあえず、本作と関連していそうな「ベネズエラ・ビター・マイ・スウィート」はチェックしておこう。

ストレンジガールは甘い手のひらの上で踊る (MF文庫J)ストレンジガールは甘い手のひらの上で踊る (MF文庫J)
森田 季節,文倉 十KADOKAWA/メディアファクトリー
売り上げランキング : 38195Amazonで詳しく見る
ベネズエラ・ビター・マイ・スウィートベネズエラ・ビター・マイ・スウィート
森田 季節,文倉 十KADOKAWA / メディアファクトリー
売り上げランキング : 27935Amazonで詳しく見る
スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。