魔術楽譜の盾1


『魔術楽譜〈グリモワール〉の盾』(花間燈著/MF文庫J)★★★☆☆

魔術楽譜(グリモワール)の盾 (MF文庫J)
魔術楽譜(グリモワール)の盾 (MF文庫J)

人には見えないものが見える少年と、魔法の力を宿した「魔術楽譜」の少女の出会いから始まるファンタジー。
魔術楽譜や魔女といった非日常と高校生の日常が交錯するタイプのお話で、描写が綺麗でとても雰囲気が良かったです。

☆あらすじ☆
わたしの“書架”に、なってくれますか?―朋瀬春樹は桜の回廊で一人の少女と出会い、その日から彼の日常が色を変える。「わたしは栞。正式な題名は“摂理の盾”―神秘の否定を司る“魔術楽譜”です」その少女は決して観測されてはいけない存在、盾と名付けられた破戒の書物だった。魔力を有し魔術を奏でることができる魔術楽譜。これは、その本を閉じるための優しくも数奇な奏鳴曲。

以下、ネタバレありの感想です。

 

人には見えないものが見える目を持つ高校生・朋瀬春樹。ある日彼が出会ったのは、あらゆる魔術を否定する魔術楽譜「摂理の盾」の
栞との出会いから始まり、春樹は魔術図書館の司書・御篝綾や、魔術師・リオナ・ベリーズワースと出会い、隠された魔術師の世界に足を踏み入れていきます。

 

読む前に予想していたよりもバトル尽くしの1冊でした。
逃げ出した火の鳥から始まり、綾戦、リオナ戦、そして死んだはずの魔術師雛原幸夜との死闘、と息つく間もなくの戦いの連続。
あとがきによると本当は少女漫画的雰囲気の作品だったとか?
それがどうしてこうなってしまったのか・・・・・・いや面白かったんですけど、原型がどんなだったのかが気になるんですよねー。
魔術で彩られた世界観の描写がすごく綺麗だったので、きっとバトルなしでも素敵な作品だったんじゃないかな。

 

ちょっとバトル尽くしすぎて疲れてしまいましたけど、連戦を通して描かれる人物描写はすごく良かったです。
特に、ずっと居場所を求めてきた春樹と栞の関係はすごく好みでした。最初から最後までラブラブカップルぶりがすごい。栞は見た目幼女だけど中身100歳超えだから、ロリヒロイン苦手な私でも割とOKでした!でもお風呂一緒に入ってるのはびっくりした(;・∀・)

 

今回の敵だった雛原幸也もなかなか味のあるキャラクターでした。
夫婦の物語は切なかったなぁ。必死になって作り上げた魔術が一瞬の再会を求めるだけのものというのがまた・・・・・・
救いのある結末で良かったです。

 

あとがきによると2巻が出るのは決まっているのかな?続きも楽しみです。

魔術楽譜(グリモワール)の盾 (MF文庫J)魔術楽譜(グリモワール)の盾 (MF文庫J)
花間燈,生煮えKADOKAWA/メディアファクトリー
売り上げランキング : 124283Amazonで詳しく見る
スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。