グラウスタンディア皇国物語5


『グラウスタンディア皇国物語5』(内堀優一著/HJ文庫)★★★☆☆

グラウスタンディア皇国物語5 (HJ文庫)
グラウスタンディア皇国物語5 (HJ文庫)

前巻の感想はこちらから
グラウスタンディア皇国物語4 | 晴れたら読書を

リジアとの戦争を繰り広げるクロムたちグラウスタンディア皇国の次なる目標は、リジア海軍司令部が置かれる重要拠点。
グラウスタンディア、リジア、ラトルグの三カ国の内情をも同時進行して物語が展開するため、弱冠読みにくかったのが残念。ですが、やはり面白い作品です。戦争の行方もだけど神話の方も気になるなぁ。

☆あらすじ☆
難攻不落と名高きゾラ港を見事手中に収めたクロムたちは、矢継ぎ早に次の進軍準備へと取り掛かっていた。今度の作戦は、リジア海軍司令部が鎮座する重要拠点アラティアの陥落。陸路から四つの関を突破することが最低条件とあって、今までにない激戦が予想される中、最後の皇国七聖である鍛冶屋・ウルの血縁を名乗る者がユースティナの下を訪れて―。

以下、ネタバレありの感想です。

 

過酷になっていくグラウスタンディア皇国VSリジア宗旨国家の戦争。
今回のクロムの狙いはリジア海軍の重要拠点アラティア港。海と陸の両方から、時間と戦いながら攻め入っていきます。
ただ、戦いの本番は次回かな。あの嫌らしい顔した(笑)ベルゲンといよいよ正面衝突です。

ベルゲンといえば、胡散臭すぎるとおもっていたのですがリジアのトップから信頼されてる?ん??
彼がどういうキャラなのかは次回明らかになるんでしょうね。期待。

グラウスタンディア皇国の方ではジルバ皇が戦場へと向かい、リジアとの戦争は佳境に向かっているようです。

 

そういえば今回は皇国七星のひとりであるファウラ回でもありました。
なんでここでファウラのエピソード?え?死ぬの?
と、ちょっと不安になったんですが、何事もなく。いやまだわからん。次回何か起こるのかも?

 

あと今回もフィフニス大活躍だったんですが、もうこれ将の器とかじゃなくてアイドルの器だよね?アイドルと親衛隊だよね?いやでも今回は女神と狂信者的になってるかも・・・・・・

 

グラウスタンディアとリジアの戦争の裏で進んでいたラトルグの方も一段落。
いよいよレイリンが女王に立ちました。何か意外な形で弱気な王女が脱皮してしまいました。
そして戦争の裏にある神話についても明らかに。といっても、よく分からないんですけどね。
神の罪を人が負って戦争が起こるけど、そこに終わりはない??大陸を統一した先に何があるのでしょうか。
うーん、気になる。

 

グラウスタンディアVSリジアの戦争の行方も、ラトルグの動向も、世界の謎も色々気になります。
とりあえず6巻待機!

グラウスタンディア皇国物語5 (HJ文庫)グラウスタンディア皇国物語5 (HJ文庫)
内堀優一,野崎つばたホビージャパン
売り上げランキング : 910Amazonで詳しく見る
スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。