F-エフ- 3 巡る月と始まりの物語


『F-エフ- 巡る月と始まりの物語』(糸森環著/角川ビーンズ文庫)★★★★☆

F‐エフ‐ 巡る月と始まりの物語 (角川ビーンズ文庫)
F‐エフ‐ 巡る月と始まりの物語 (角川ビーンズ文庫)

第1部完結。
終焉の世界を2人と1匹で旅するお話はここで一区切りがつきました。クライマックスにふさわしく、素晴らしい面白さでした。
溺れる者は藁をも掴むといいますが、終焉の世界で追い込まれた人間の藁をむしり取ろうとする壮絶さに鳥肌がたちました。特にリュイ。やばい。ヤンデレ完成。鈴ノ助さんのイラストが色気たっぷりなせいでなんだかとてもゾクゾクしますw

☆あらすじ☆
滅びゆく異世界を救うことになった平凡な少女・響。目的地である王都の神殿への転移は成功したけれど、騎士リュイと聖獣エルとはぐれてしまう。幽鬼さまよう夜が訪れ、ひとりで人々の蘇生に立ち向かうことに!苦戦するその最中、闘神オーリーンから譲り受けた神剣の声が聞こえる。「小娘、非力な主!」その直後、身体を乗っ取られてしまい!?「私は、あなたのそばにいると誓った―あなたは?」救世の幕が開く第3巻!!

以下、ネタバレありの感想です。

 

転移時のトラブルでリュイとエルとはぐれてしまった響。
孤独の恐怖を味わいながら、それでも彼女は気丈に戦いを続け、レイムを人間へと戻していきます。

ということで、終焉の世界の物語も登場人物が一気に増えました。増えたから良いってものじゃないってところが糸森さんらしいなぁ。

 

レイムを人間に戻す不思議な力を持っているが、どこの誰かも分からない。味方かどうかも分からない。
そんな不審すぎる少女を、追い詰められた人間が無条件で受け入れるはずもなく。
響が死に物狂いで助けた人が、彼女へ半信半疑よりもさらに猜疑に満ちた目を向けるのがとても辛いです。終盤なんて罵声を浴びせてきますし。
助けてもらっておいて身勝手な!と思うけれど、一度絶望を味わった人間は容易く希望を信じられなくなるのかもしれませんね。

人の信頼は勝手に生まれるものではないし、英雄は簡単に誕生するわけではない。
それでも、助かる道があるのであれば、人はそれにがむしゃらにしがみつく。

正直、レイムよりも蘇った人間の方が怖かった。響、潰れちゃうんじゃないかとハラハラしました。

 

響の唯一の味方であるはずのリュイもアレですし。うん。
再会シーンってもっとこう感動的な雰囲気とかあるのかと思ったんですが・・・・・・
リュイの狂気を踏みとどまっている感じが、鈴ノ助さんの挿絵も相まって凄絶な色気を放ってました。ぞくぞくw
愛しさ余って憎さ100倍ってこういう状態を言うんだろうな。響もそろそろリュイの気持ちを正確に把握しないと、後ろ手に縛られるくらいじゃ済まなくなりそうです。
群れに返してあげなきゃ、ってノリはダメだよ。危険すぎるよ。

それにしても響とリュイの関係ほんとに好きだなぁ。
主人と騎士的な感じだけど、もっと倒錯的な雰囲気を感じるんですよねぇ。良い!すごく良いです!!

 

さて、助けた人どころかリュイですら完全に味方ではないという、孤立無援状態な響。
エル以外の味方は意外なところから現れました。
神剣ソルトは、最初こそ不気味でしたが中盤以降はツンデレ爆発で小憎たらしいじゃなかった可愛すぎでした。
ソルトと共に響が巡った過去の記憶。
なんとなくタイムリープ的な匂いを感じとってしまったのですが、正確なところどうなんだろう?とりあえず口絵のちびエルの可愛さはやばかったです(確信)

 

少女小説ではないなコレって思ってしまうほど鞭展開連続の第3巻でしたが、最後に人間の善性を垣間見せて締めてくれたので読後感は悪くなかったです。
これで響、リュイ、エルの旅は終わり、増えた仲間とともに本格的に世界の救済に向けて動き出すわけですね。とても面白くなりそうです。

問題は、その面白くなりそうな第2部をちゃんと書籍化してくれるかどうかですが(´Д`;)
あとがきがなぁー・・・。大丈夫かなぁ?

仮に書籍化されなかった場合のために、WEBサイトの方のリンク貼っておきますね。多分杞憂だとは思いますけど!

27時09分の地図(糸森環オリジナル小説サイト)

左上のNOVEL→F→第2部明暗流転編【01】から書籍3巻の続きが読めます。
私はしばらく4巻を待ちます。書籍化してくれるって信じてる。
頼む!鈴ノ助さんのイラスト最高だったから書籍化続けて!!!

【3月2日追記】
残念ながら文庫版はここで完結だそうです(著者ブログより)
本当に残念。WEB版で続きが読めることが救いか・・・

F‐エフ‐ 巡る月と始まりの物語 (角川ビーンズ文庫)F‐エフ‐ 巡る月と始まりの物語 (角川ビーンズ文庫)
糸森 環,鈴ノ助KADOKAWA/角川書店 2015-02-28
売り上げランキング : 170Amazonで詳しく見る
スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。