絶対城先輩の妖怪学講座6


『絶対城先輩の妖怪学講座 六』(峰守ひろかず著/メディアワークス文庫)★★★★☆

絶対城先輩の妖怪学講座 六 (メディアワークス文庫)
絶対城先輩の妖怪学講座 六 (メディアワークス文庫)

前巻の感想はこちらから
絶対城先輩の妖怪学講座5 | 晴れたら読書を

第1シーズン完結。ということで大いに盛り上がっている第6巻。
ツンデレ先輩の物語はまだまだ続くようですけどね。これでゴールが見えなくなってしまった・・・・・・。
それはともかく史上最大のピンチ!のはずが、先輩の爆弾発言連続&イチャイチャしか記憶に残ってないぞどういうことだ。

☆あらすじ☆
「『鬼』の正体は探るな」クラウス教授にそう忠告された絶対城。しかし、妖怪学における『鬼』の正体を探るため、礼音と共に政財界の有力者が集まるパーティに参加することを決める。そこで絶縁した家族と対峙した絶対城は、『鬼』の正体がこの国のタブーであることを知る。さらに、幼い頃に絶対城の世話をしていた執事の高岩と再会し、秘匿されていた櫻城晃の死の真相を告げられることに―。妖怪学最大の禁忌『鬼』に絶対城が迫る、緊迫の第6弾。

以下、ネタバレありの感想です。

 

何巻か前から存在をほのめかされてきた「鬼」にまつわる今回の連作短編。
第1シーズンという区切りの巻ということもあって、今までで一番面白かったと思います。そして今までで一番いちゃいちゃしてた気がしないでもナイ。

 

1章 方相氏

「鬼」の概略論な短編。
着飾った礼音のカラー絵がないのはなぜなのか・・・・・・っ!見たかった!それを見てこっそりデレる先輩とセットで見たかった!!!

 

2章 清姫

清姫伝説って有名ですよね。前も何かのラノベで読んだ気がする。何だったかな。
この短編は先輩はほぼ出てこず、杵松さんと礼音で怪奇現象を解決するお話でした。
うーん。この依頼人いつか刺されればいいのに。そして蒼空くんのイケメンぷりよ。

 

3章 牛鬼

罠を張ると同時に牛鬼について語る短編だったのですが、えーと、

「・・・・・・記憶を読むか?お前にだったら、心を覗かれても構わない」(149頁)

の爆弾発言で私の思考は強制停止を食らいました。
え!何でこのセリフふたりともスルーしてるの!?何で!?
めちゃくちゃ恥ずかしいこと言ってると思うのですが!!!!!

 

4章 鬼

今回の礼音と先輩の無意識いちゃいちゃは留まるところを知りません。
覚の秘密が友人にバレてしまい、拒絶されたことにで落ち込んでしまう礼音。それを慰める先輩。
場所がふたりきりのホテルなんですが、それは・・・・・・!?
良いシーンなんですけどね。私の頭がヨコシマすぎるせいでなんだかドキドキしてしまいました。
とはいえ、礼音の失意と被差別対象の鬼を対比させる説明は分かりやすかったですね。

 

5章 酒呑童子

さぁいよいよ敵の本拠地へ!
・・・・・・あれだけ煽った割には敵が弱すぎるんですが、これは腹をくくった礼音が強すぎだったってことでいいのか。
鬼の正体についてはなるほどなぁ、という印象。たしかに、あんなものが発掘させれば昔の人は祭り上げてしまうかもしれないですね。
酒呑童子伝説の真相については、このシリーズで一番面白かったです。こういう「歴史の闇に消された謎を暴く」っていうのはフィクションでもなんだかワクワクさせるものがありますね。

 

補章 のっぺらぼう

マジかよ( ꒪д꒪ )

 

最後にやたら衝撃を受けたのですが、今回も面白かったです。
一区切りついたものの、シリーズはまだまだ続くとのこと。鬼の謎を解き明かすのが本作のゴールだと思っていたのですが、特にゴールは定めずに進んでいくようですね。
今回はやたら「先輩と礼音がいちゃいちゃしてる!!」って感想を書いてしまったのですが(というかそれが書きたくて短編ごとに感想書いた)、もちろんふたりのラブコメは今後も楽しみです。
さて次巻からどんな展開をしていくのか気になるところ。

絶対城先輩の妖怪学講座 六 (メディアワークス文庫)絶対城先輩の妖怪学講座 六 (メディアワークス文庫)
峰守ひろかずKADOKAWA/アスキー・メディアワークス
売り上げランキング : 998Amazonで詳しく見る
スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。