世界の終わりの世界録3 熾天の女神

『世界の終わりの世界録〈アンコール〉3 熾天の女神』(細音啓著/MF文庫J)★★★★☆

世界の終わりの世界録<アンコール>3 熾天の女神 (MF文庫J)
世界の終わりの世界録<アンコール>3 熾天の女神 (MF文庫J)

前巻の感想はこちらから
世界の終わりの世界録〈アンコール〉2 極光の竜帝 | 晴れたら読書を

いざ天界へ!で終わるかと思ったらそれ以上に内容が濃かった第3巻。
特に後半の展開の熱さは素晴らしかったですね。本当に良質な王道ファンタジーです。

☆あらすじ☆
伝説の英勇エルラインが遺した至宝「世界録」。その在り処を世界中の国や旅団が探し求める時代―レンたち「再来の騎士」は竜帝カルラとの激闘を経て、世界録の在り処を推し当てる。“その地”の封印を解除するため、一行は天界を総べる女神レスフレーゼの下へ旅立つ。時同じく、世界最大の旅団「王立七十二階位特務騎士団」が、天界への侵略を画策。さらに聖女エリエスや剣聖シオンたち実力者は、得体の知れぬ不穏な脅威との遭遇を予見する。「強くなるさ。…これ以上、守ってもらう立場でいたくない」。その決意は世界を震わす狂詩曲の一片となり、偽英勇を歴史上にたった一人の存在へと昇華させる―いま、最も王道を行くファンタジー、覚醒の第3弾!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 世界の終わりの世界録3 熾天の女神

絶対城先輩の妖怪学講座6

『絶対城先輩の妖怪学講座 六』(峰守ひろかず著/メディアワークス文庫)★★★★☆

絶対城先輩の妖怪学講座 六 (メディアワークス文庫)
絶対城先輩の妖怪学講座 六 (メディアワークス文庫)

前巻の感想はこちらから
絶対城先輩の妖怪学講座5 | 晴れたら読書を

第1シーズン完結。ということで大いに盛り上がっている第6巻。
ツンデレ先輩の物語はまだまだ続くようですけどね。これでゴールが見えなくなってしまった・・・・・・。
それはともかく史上最大のピンチ!のはずが、先輩の爆弾発言連続&イチャイチャしか記憶に残ってないぞどういうことだ。

☆あらすじ☆
「『鬼』の正体は探るな」クラウス教授にそう忠告された絶対城。しかし、妖怪学における『鬼』の正体を探るため、礼音と共に政財界の有力者が集まるパーティに参加することを決める。そこで絶縁した家族と対峙した絶対城は、『鬼』の正体がこの国のタブーであることを知る。さらに、幼い頃に絶対城の世話をしていた執事の高岩と再会し、秘匿されていた櫻城晃の死の真相を告げられることに―。妖怪学最大の禁忌『鬼』に絶対城が迫る、緊迫の第6弾。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 絶対城先輩の妖怪学講座6