新約とある魔術の禁書目録8


『新約 とある魔術の禁書目録〈インデックス〉8』(鎌池和馬著/電撃文庫)★★★☆☆

新約 とある魔術の禁書目録 (8) (電撃文庫)
新約 とある魔術の禁書目録 (8) (電撃文庫)

前巻の感想はこちらから
新約 とある魔術の禁書目録〈インデックス〉7 | 晴れたら読書を

いよいよグレムリンと直接対決!な新約第8巻。終盤の展開は熱かった!!

☆あらすじ☆
全世界を、陰から操る『グレムリン』。その科学と魔術の融合組織が起こした様々な『脅威』―ハワイでのテロ行為、バゲージシティでの『実験』、学園都市に眠る『不死の存在』の奪取―には、全て理由があった。『グングニル』。魔神オティヌスの最終目的であるその神槍製造を止めるため、『魔神になり損ねた男』オッレルスは、姿形を雷神トールと偽り、『グレムリン』の本拠地・サルガッソーへ侵入、調査を開始する。世界崩壊のカウントダウンは、間近に迫っていた。ところで学園都市の落ちこぼれ生徒・上条当麻といえば、彼が朝自宅で目覚めたら、レイヴィニア(幼い少女)にレッサー(エロい少女)が同じ布団に入っていた。

以下、ネタバレありの感想です。

 

いやぁ、長かった。物理的に。
序盤のラブコメ、必要だったんですか?面白かったけど、さすがにワンパターンで飽きてくるんですよねぇ(´・ω・`)

 

とはいえ、後半の〈グレムリン〉が東京湾に現れてからの緊迫感みなぎる展開は熱くて面白かったです。
特に久しぶりの(あれ、メインヒロイン・・・・・・)インデックスが活躍するとなれば。しかも御坂と共闘!2大ヒロインの共演はとてもテンションが上がりますね。

御坂&インデックスをはじめとして、今回は多種多様なキャラの共演がたくさんあってとても新鮮でした。
ラストの奇襲をしかけたあの2人とかね。おお!そうくるか!って感じで驚きました。伏線?どこにあったのか・・・・・・

しかし禁書って、巻数と登場人物が多いせいで今まで交流がないキャラってこんなにたくさんいたんですね。なんかそこに驚きました。

 

驚いたといえば、今回のメイン舞台は東京。
学園都市の外はちゃんと「日本」だったんですよね。忘れてましたw
久しぶりな両親ズとかの顔見せも嬉しかったり。御坂パパは初登場でしたっけ?

 

そんな感じに脳天気に読んでいたら、ラストはまさかのブラックアウト。
え、これで世界滅亡?え??

新約 とある魔術の禁書目録 (8) (電撃文庫)新約 とある魔術の禁書目録 (8) (電撃文庫)
鎌池和馬,はいむらきよたかアスキー・メディアワークス
売り上げランキング : 68411Amazonで詳しく見る
スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。