絶対ナル孤独者〈アイソレータ〉2 発火者 The Igniter


『絶対ナル孤独者〈アイソレータ〉2 ー発火者 The Igniterー』(川原礫著/電撃文庫)★★★★☆

絶対ナル孤独者 (2) ―発火者 The Igniter― (電撃文庫)
絶対ナル孤独者 (2) ―発火者 The Igniter― (電撃文庫)

前巻はそこまで思わなかったのですが(失礼)、これ面白いですね!!
主人公が正式に特課のメンバーとなったことで、本格的に物語が動き出した感じがあります。
前巻よりも主人公に年相応の人間性が見えて好感が持てるようになってきているし、ヒロインとの関係もとても好み。
これは続きが楽しみなシリーズ!・・・・・・なのですが、3巻はいつ発売になるのでしょうか(´・ω・`)早いといいな。

☆あらすじ☆
謎の地球外有機生命体に寄生された少年・空木ミノルは、自身の能力“孤独”を武器に、人類の敵“ルビーアイ”にからくも勝利する。その日、ミノルは“加速者”ユミコから、“組織”へ誘われる。組織の役割とは、人間に危害を加える“ルビーアイ”能力者の撲滅。共闘を依頼されたミノルは、加入するかわりに、あることを要求する。それは、自分自身の“存在”消去。彼は、“誰も自分のことを知らない世界”を追い求めていた…。ミノルの次なる敵は、最も危険で狡猾な相手、“酸素”を操る“発火者”。絶対的な“孤独”を抱く少年の行方は―!

以下、ネタバレありの感想です。

 

人類の敵ルビーアイへの対抗組織《特課》のメンバーとなったミノル。
この第2巻は《特課》のメンバー紹介などを挟みつつ、2人目のルビーアイ「発火者(イグナイター)」との戦いが描かれていきます。

 

前巻はどうにも好きになれそうになかった主人公ですが、今回でだいぶ好感がもてるようになってきました。前巻よりも高校生らしい可愛げが垣間見えるようになってきたからでしょうか。
人から完全に自分の存在を消し去りたい、という彼の願いは相変わらず「このばかちん!」って頭叩きたくなるんですけどねw

特に、ユミコとの関係はとても良い感じ。
もともと私が男女のバディものが好きというのもあるのですが、人と距離をとろうとしてばかりのミノルが、ユミコのことを「異物」として弾かずに能力で守り抜くところまで成長するとは!
ユミコとほんのりラブコメ風味な関係を築いていくところもすごくニヤニヤしました(´∀`*)ユミコもミノルも可愛いなぁ。

 

他の特課のメンバーとも今後もう少し仲良くなっていくのかな?
ちなみに私はレベリングしまくってボス戦瞬殺モードで進めるのが好きです。ミノル、気が合うな!

 

本編となる発火者戦も面白かったです。
特に発火者の能力への引っかけ。なるほどなー。溺死への恐怖が能力発現の契機なら確かにそうなるものだよな、という感じ。理科バトル楽しいですね。でもこんなこと中学高校で習ったっけ?と不安になる私は学校通い直した方がいいのかもデスね・・・・・・あ、涙が(´;ω;`)。
ルビーアイ側の組織も少しだけ出てきました。今後は特課によるルビーアイ狩りに組織戦的な雰囲気も出てくるのでしょうか。

 

1巻よりもノリがつかめるようになってきて、とても面白くなってきました!
1巻から2巻の刊行まで間がかなり開いたのですが、3巻発売はいつになるのやら(予告も何もなかったしなぁ)。
できるだけ早めの発売を期待して、続きを楽しみにしていようと思います。

絶対ナル孤独者 (2) ―発火者 The Igniter― (電撃文庫)絶対ナル孤独者 (2) ―発火者 The Igniter― (電撃文庫)
川原礫,シメジKADOKAWA/アスキー・メディアワークス
売り上げランキング : 55

Amazonで詳しく見る

スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。