とある飛空士への誓約5


『とある飛空士への誓約5』(犬村小六著/小学館ガガガ文庫)★★★★☆

ガガガ文庫 とある飛空士への誓約5(イラスト完全版)
ガガガ文庫 とある飛空士への誓約5(イラスト完全版)

前巻の感想はこちらから
とある飛空士への誓約4 | 晴れたら読書を

バルタぁあああ!!!
バルタがかっこ良いし可愛いしでニヤニヤが止まりませんでした。事態は全然甘くないのに。
物語はどんどん面白くなっていき、読んでる方もヒートアップ止まりません。

☆あらすじ☆
ウラノス王都・プレアデス。王位継承問題が、第一王子デミストリとニナ・ヴィエントの間で発生している中、ウルシラからニナと仲良くするよう命令されるミオ。専従騎士であるイグナシオに協力をあおぎ、ニナとの接近をはかる。一方、軍警に囚われてしまった清顕とかぐら。清顕の口封じを密かに狙うライナ。飛空要塞のバルタザールやセントヴォルトのセシルも、それぞれ重大な決断をせまられて…。「エリアドールの七人」がその思いをさらに複雑にさせながら、無情にも激動の渦に物語は巻き込まれていく…!

以下、ネタバレありの感想です。

 

第二次多島海戦争勃発により囚われの身となった清顕とかぐらを救うため、動き出した仲間たち。
特に今回の主人公はバルタでしたね!
セシルを懐柔しようとしてキモくなってしまったのはご愛敬。
もう自分で自分に言い訳しまくるところとか、あの電報の無愛想な一文とか、かぐらで頭いっぱいのとことか、お前ツンデレすぎるぞ可愛いヤツめ!!

 

まぁそんなバルタの体を張ったコメディもラストのシリアスに吹っ飛ばされましたけどね・・・・・・。
救出作戦後の新たな誓約と別れ。
清顕とイリアの誓約が哀しすぎる。やっぱり正夢ルートじゃないか。

 

ライナとも完全に敵対しちゃったし・・・・・・。良心を捨てきれなかったことがますます彼を追い詰めていきそうで怖いです。
あと、セシルもついに王を継ぐことを決断したし、彼女の今後にも注目せねば。あ、「宝物」の扱いにも要注意ですね。

 

みんな良い人ばかりなのに。戦い合うしかないなんて、本当に狂ってます。
どうにか誰ひとり欠けずに戦争を終わらせることができないものか。

 

一方、プレアデスにいるミオの方にも動きが。
イグナシオが相変わらずツンデレ可愛かったですw
そうか、確かにバルタに似てるなww
ミオとクレアが仲良くなっていく様子はなんだか和みました(アリーメン食べたい・・・!)が、ラストは不穏な幕引き。
ようやく恋歌5巻ラストとつながるのか!
続き、どうなるの!?

ガガガ文庫 とある飛空士への誓約5(イラスト完全版)ガガガ文庫 とある飛空士への誓約5(イラスト完全版)
犬村小六,森沢晴行小学館
売り上げランキング : 11828Amazonで詳しく見る
スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。