とある飛空士への誓約3


『とある飛空士への誓約3』(犬村小六著/小学館ガガガ文庫)★★★★★

ガガガ文庫 とある飛空士への誓約3(イラスト完全版)
ガガガ文庫 とある飛空士への誓約3(イラスト完全版)

前巻の感想はこちらから
とある飛空士への誓約2 | 晴れたら読書を

容赦なく心を折りに来ていますね・・・・・・。
犬村小六作品はこの「飛空士」シリーズと「サクラコ・アトミカ」を読んできているのですが、波長が合うのか、ラブコメシーンがとても好きだったりします。
でもそのコメディパート、絶望フラグだよね!?上げて落とすんだよね!?って、わかっちゃいるけど好きなんだ。
ふふふって笑ってるのに無性に泣きたくなるんですよぇ。
今回もまさにその典型。上げて落とされた哀れな読者のブログがこちらになります。

☆あらすじ☆
バルタザールとかぐらが卒業し、三回生となった清顕は、模擬空戦を経てイリアとの距離を少しずつ縮めていた。しかしミオとはつまらない喧嘩ばかりで、ペアで臨んだ索敵訓練では被弾、負傷してしまう。意識を失った清顕を前に、ミオはひとり重大な決心をするが―。一方ウラノスは、史上例のない一大奇襲作戦「オペレーション・ジュデッカ」を発動。エアハント島には、黒豹・カーナシオンも襲来し、イリアと清顕は初陣を切ることに…。永遠の友情を誓った「エリアドールの七人」に、残酷な別れの時が迫る。その選択は、愛する人のために。

以下、ネタバレありの感想です。

 

前半はイリアと清顕の爽やかな青春模様。
シリーズ序盤の頃に比べてびっくりするほど打ち解けてますよね。そしてイリアが可愛すぎる!萌え殺す気か!!

 

清顕とイリアが親密になればなるほど気になってくるのはミオの心境。
ライナとミオが共犯関係になるのは仕方ないとしても、まさかハチドリがここまでミオを追い詰めていくとは。
ミオがどんどん過酷な状況に堕ちていくのが辛くてたまりません。なにひとつ彼女には責任がないだけに余計に哀しい。

そんな状況下でミオと清顕が過ごした嵐の一夜。
なかったことにされたこの出来事が今後どういう風に物語を揺さぶるのか気になります。
最後のあの一幕で清顕がミオに対して何を思うのかも・・・・・・。

 

それにしても清顕が堂々の二股宣言(?)したのには、シリアスなシーンながら苦笑してしまいました。
物語の行く末も、三角関係の結末も、全く読めないので楽しみです。

 

何気に今回、有能さを発揮した機長バルタザール。
台風作戦を見抜くとは。そして彼の脳裏を占領してる紫との関係はどうなるのか。まさかフラグなの?

 

そういえば「恋歌」に出てきたゼノンが再登場しましたね。相変わらずの外道。
時系列も恋歌の後だということがハッキリしましたし。恋歌シリーズとのつながりが今後も出てくるのでしょう。楽しみ。

 

前代未聞の台風作戦により壊滅してしまったエアハント島。
これで穏やかな学園ものは終わりを告げてしまうのか。ああ早く4巻を読まなければ!

ガガガ文庫 とある飛空士への誓約3(イラスト完全版)ガガガ文庫 とある飛空士への誓約3(イラスト完全版)
犬村小六,森沢晴行小学館
売り上げランキング : 22251Amazonで詳しく見る
スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。