サクラダリセット7 BOY , GIRL and the STORY of SAGRADA


『サクラダリセット7 BOY , GIRL and the STORY of SAGRADA』(河野裕著/角川スニーカー文庫)★★★★★

サクラダリセット7 BOY, GIRL and the STORY of SAGRADA (角川スニーカー文庫)
サクラダリセット7 BOY, GIRL and the STORY of SAGRADA (角川スニーカー文庫)

前巻の感想はこちらから
サクラダリセット6 BOY , GIRL and — | 晴れたら読書を

はぁああ・・・・・・とため息をつきたくなるような最終巻でした。
本当に素晴らしかった。1巻から7巻に至るまで、無駄なことは何一つなく、全てのエピソードに意味をもたせるなんて。
全巻を通して読めば、物語の完成度の高さにただただ恐れ入るばかりです。本当に面白かった!

☆あらすじ☆
「私が将来の夢を失くしたのは、貴方に出会ったからよ」能力を失くした相麻菫。「私は貴方を、覚えていません」能力を失くした春埼美空。改変された咲良田で、ケイはひとり、ふたつの記憶―街に能力が存在する本物の記憶と、能力が消滅した偽物の記憶―に直面していた。自らの過去に区切りをつけるため、ケイは初めて咲良田を出て―。複雑でシンプルな、大人のような少年がたったひとつを祈り続ける物語。堂々完結。

以下、ネタバレありの感想です。

 

リセットされてしまった咲良田で、ただ一人全てを知るケイ。
彼は何を考え、何を選び、どんな行動を起こすのか、ドキドキとしながらこの最終巻を読みました。

 

それにしても、1巻からこれまでの全てのエピソードが集結するかのようでしたね。
全てが相麻菫の思い描いたシナリオに沿ったものとはいえ、伏線の巧妙さとその回収の鮮やかさは本当に見事。
セリフひとつをとってみても何かしらの意味を持たせるって、なかなかできないと思うんですよね。完成度の高さが飛び抜けていました。
そのせいで今私のなかで、このシリーズをリアルタイムで追いたかったという気持ちと、完結まで一気に読めて幸せだったという気持ちがせめぎ合ってますw

 

全編を通して読むと、ケイという主人公が、その不器用な優しさとわがままを貫き通した姿を描いた物語だったのだろうな、と感じました。あるいは「正しさ」とは何か、「選ぶ」とはどういうことか、を問いかける物語であったのかもしれません。
ケイはあくまでも自分の信じる「かくあるべき」を守り抜くために行動したわけで、それは言ってみれば「彼の正しさ」の押しつけだし、そのための手段も言動も思想も傲慢にしか思えません。
でも、そんなことはケイ自身がわかっていることなんですよね。それでも彼は自分の中の理想を実現するために傷つきながら突き進むのです。

傲慢でいて、それでも全てを救おうとする、その潔さが本当に格好いいヒーローでした。

浦地との問答自体は詭弁を弄するものであったものの(誰も能力が使えなくなって、存在していないと同義になってしまったら、もはや能力は現実の一部とは言えないのではないでしょうか)、結局、ケイの対話の目的が加賀谷を救おうとしていたということにはハッとさせられました。
浦地の影のようにひっそりと存在感の薄い彼もまた能力によってトラウマを抱えていたわけで、そんなところまで救ってしまおうとするのが、もう、本当に格好いい。

 

平行線をたどりそうな浦地との決着も、ケイなりの傲慢で優しい答えを出してくれたのではないでしょうか。まぁ、浦地と和解できるとまでは思っていませんでしたが、休戦協定っていうのは良い落としどころでしょう。
うーん、しかし、全ての能力を管理するって、具体的には何をするのかな??

 

気になっていた相麻菫については、理想的なゴールを迎えてくれました。
相麻の内心を思えば寂しさを覚えるものの、それでも綺麗な笑顔で終われる、このシリーズらしい終着点だったと思います。
最後の春埼VS相麻の直接対決はすごく見たかったので満足ですw
ケイの幸せを大事にしようとする純粋さと、それを一番可能にするのは自分ではなく相手ではないのか、という悔しさ(?)がはっきりとぶつかり合う姿がとても良い。
高尚なようでいて、その実態は思春期の少女らしさが詰まっているように感じました。恋敵だけど互いに憧れる姿は、なんだか良いですね。
きっと相麻は敏腕秘書みたいな立ち位置でケイをこれからも支えるのだろうし、それを隣で見て春埼が向上心と共に奮起するのでしょう。
これもまた美しい三角関係といえるのかもしれません。

 

優しさと繊細さと透明感にあふれたシリーズでした。
読んで良かった。河野先生の他作品も読んでみようと思います。

サクラダリセット7 BOY, GIRL and the STORY of SAGRADA (角川スニーカー文庫)サクラダリセット7 BOY, GIRL and the STORY of SAGRADA (角川スニーカー文庫)
河野 裕,椎名 優KADOKAWA / 角川書店
売り上げランキング : 18541Amazonで詳しく見る
スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。