王宮呪い師の最悪な求婚


『王宮呪い師の最悪な求婚』(宮野美嘉著/小学館ルルル文庫)★★★☆☆

王宮呪い師の最悪な求婚 (ルルル文庫)
王宮呪い師の最悪な求婚 (ルルル文庫)

甘いー!!
無表情&言葉足らずな先輩の溺愛に、超訳翻訳機で対応するヒロインのラブコメディです。
何を言ってるかわからない?そうですね!
私も「こいつら何を話してるのかワケわかんないな」って思いながら読んでいましたw
王宮呪い(まじない)師という職業の主人公ですが、要するに魔術師的なアレでした。てっきり呪いかける方かと思ってて、まぁそれも間違いではなかったのですが。
ストーリーは一筋縄ではいかない読み応えのあるものでしたし、終盤のダダ甘展開に萌え転がりまくったので満足です。
面白かった!これで糖分補給はばっちりだ!

☆あらすじ☆
王宮仕えの呪い師になったエレインの任務は、天才・変人・無表情で有名なラキスヴァデリの補佐。性格は最悪だけど特別な才能を持つラキス。いつか彼を踏み台にして出世しようと決意するエレインだが、ラキスは「エレインは抜けていて、かわいいね」と暴言気味に告げてくる。そんな彼の言葉が、なぜか最近は甘い口説き文句に聞こえるようになって動揺するエレイン。だがある日「愛する人の記憶を奪う」蛇が出現して…!?すれ違いピュア・ラブロマンス!

以下、ネタバレありの感想です。

 

王宮呪い師に就任早々、訓練所時代の先輩ラキスヴァデリの副官に任命されてしまったエレイン
上昇志向の強いエレインは、恵まれた才能を持つラキスを敵視し追い抜こうとするのですが、一方のラキスはひたすらエレインを溺愛。「可愛いよ〜〜」と周囲にのろけまくる溺愛っぷりでした。

 

でも、この溺愛のやり方が本人に対して非常にわかりにくいんですよねw
口下手すぎる!
間に入るべき言葉がひとつもふたつもみっつも抜け落ちてるんだから、そりゃ伝わるものも伝わりませんって(;・∀・)・・・・・・むしろなぜそれで伝わってると思ったし。

 

対するエレインも超鈍感。
鈍感というか、脳内翻訳機ぶっ壊れてました
Gとかにたとえちゃったときは仕方ないですけど、ラキスのストレートな愛の言葉も超訳翻訳機を介するせいでさっぱり通じないんですよね。
全体的に苦情を言いたくなるレベルでしたが、特に「可愛い=幼い=頼りない」はさすがに超訳しすぎだと思う!

 

まぁ、そんな感じで前半はエレインとラキスのさっぱり噛み合ってない会話を楽しんでいたのですが、中盤くらいから雰囲気が徐々に変化。

 

エレインの妹の話とか、うっかり涙ぐみそうになりました。
なんとなくそんな予感はしてたんですが・・・・・・各章冒頭の手紙が切ないものに(´;ω;`)

 

そして、王宮で突如起こった「愛する人の記憶を奪う」蛇による連続襲撃事件
この事件をきっかけにエレインとラキスの関係が一気に進むわけですが、予想以上に進みまくって動揺してしまいましたw
なんだアレ!突然色っぽい甘さが出てきてびっくりしたじゃないですか!超ニヤニヤした!!
ツンツンしてたエレインの急激なデレにラキスだけじゃなく私までドキドキでしたwこれがツンデレか。恐ろしい子!

 

そしてその甘さを吹っ飛ばすようなエレイン復活シーンはお気に入りです。
矜恃が高いヒロインは大好きだ!

まぁ、甘さが吹っ飛んだかと思ったら直後にぶっこんできたんですけどね。人目、もっと気にしようよ・・・・・・。

 

襲撃事件の真相に関しては、犯人については予想通りだったのですが動機は外れちゃいました。
しかも、「なるほどこういう事だったのね」って一瞬頷いたところまでひっくり返されてしまいましたし。
パパの人でなし!って思ってすみませんでした。

 

なかなかの読み応えで面白いラブコメでした。
ラストは序盤の噛み合わなさを残したまま、糖度だけはしっかり上がってましたし。
きっとこのふたり結婚できないだろうな!w

設定面白かったしキャラも良かったから続編ほしいのですが、ルルルだしまた単発なんでしょうか。シリーズ化してもいいんですよ?(´・ω・`)

王宮呪い師の最悪な求婚 (ルルル文庫)王宮呪い師の最悪な求婚 (ルルル文庫)
宮野 美嘉小学館
売り上げランキング : 1125

Amazonで詳しく見る

スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。