元帥閣下の婚前旅行(元帥閣下シリーズ2)


『元帥閣下の婚前旅行』(小田マキ著/一迅社文庫アイリス)★★★☆☆

元帥閣下の婚前旅行 (一迅社文庫アイリス)
元帥閣下の婚前旅行 (一迅社文庫アイリス)

前巻の感想はこちらから
元帥閣下の略奪婚1 | 晴れたら読書を

耳フェチの元帥閣下と不憫すぎる身の上の少女の物語第2弾。
糖度激増でした。甘すぎる・・・・・・ほんとひたすら甘かったぁ((((;゚Д゚))))
盲目的すぎる元帥閣下がヤンデレに覚醒しつつあります。前巻の方がまだマトモだったような!?
今回は婚前旅行でハプニング!なお話でした。それ自体は解決するのですが、ちょっと伏線的なものがあるのでシリーズはまだ続きそう。
それと、2巻からイラストレーターが変更になっていますが、うまく雰囲気が似ているので戸惑いは少ないです。強いて言えば元帥閣下老けた?

☆あらすじ☆
悪魔と恐れられる元帥閣下(耳フェチ)・ロイス・フィングに身売りされそうになっていたところを救われた少女・アメリ。様々な誤解と障害を乗り越えたふたりの婚前旅行は案の定前途多難で!?
不幸少女×不器用な元帥閣下の略奪婚ラブコメディ、新章!

以下、ネタバレありの感想です。

 

前回で無事に両想いとなったアメリとロイス。
序盤から遠慮なく砂糖をぶっこんできます。もうダダ甘いww
あああ俺の嫁可愛いぃいいいいいいい!!な元帥閣下に超ニヤニヤしました。落ち着け!

 

そんな周囲に胸やけを起こさせるレベルでバカップル化が止まらない二人ですが、アメリの母の遺骨を受け取りにいくという目的のもと、婚前旅行に出ることになるというのが今回のお話。
前巻からそうなんですが、時折挟み込まれるアメリのハードモードすぎる人生回想は本当にきついですね(´Д`;)
終始いちゃいちゃバカップルしていたくせに、母の遺骨との対面シーンで泣き崩れるアメリの姿には涙腺を刺激されてしまいました。
遺骨となっていても、再会できただけ彼女にとっては幸せなことだったんだろうなぁ。切ない。

 

そんな不憫なアメリですが、今は幸せだから良かったよねぇ(しみじみ)。
と、思っていました。はい。
いやーまさか元帥閣下がヤンデレ化するとは思わなかった。いや、前巻から弱冠気配はあったか?
何ですかあの執着。ヤキモチ。
途中でアメリ、命の危険を感じてるじゃないですか!しかも受け入れてる!?(((゜Д゜;)))
これはやばいですね。ぜひとも次巻にも期待したいですね。いいぞもっとやれ!
あと結婚式後のことを考えすぎなんじゃないですかねぇw今回煽られまくったとはいえ、落ち着け!

 

どちらにせよ、伏線がまだ残っているので3巻は無事に出てほしいところ。
今回、アメリとロイスを窮地に追い込んだ眷属神ジマーミーとの戦いの結果、アメリには力の覚醒っぽい現象が起こっているのですが、エピローグを読む感じまだ秘密がありそうですしね。気になる。
3巻を楽しみにして待とうと思います。

元帥閣下の婚前旅行 (一迅社文庫アイリス)元帥閣下の婚前旅行 (一迅社文庫アイリス)
小田 マキ,鏑家 エンタ一迅社
売り上げランキング : 10551Amazonで詳しく見る
スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。