魔剣の軍師と虹の兵団1

『魔剣の軍師と虹の兵団〈アルクス・レギオン〉』(壱日千次著/MF文庫J)★★★☆☆

魔剣の軍師と虹の兵団<アルクス・レギオン> (MF文庫J)
魔剣の軍師と虹の兵団<アルクス・レギオン> (MF文庫J)

虐げられる亡国の民たちが反乱軍を結成し、独立を目指して戦う物語です。
ファンタジー戦記ものはこれまでいくつか読んできたのですが、ダントツでひどかったですね!(褒め言葉)
みんなもっとまじめにやろーよ!ww
軽く明るく楽しく読めて、けれど熱さも感じられる良作でした。なんといってもキャラが良い。アレな感じな人ばかりでしたけど。むしろひとり完全アウトですよね!?おまわりさん、こっちです!
表紙からハーレムかと思ったのですが、主人公の軍師がメインヒロイン一途だったので私的にとても好印象でした。
序盤はギャグのノリが合わないかなぁと戸惑ったものの、慣れてくると楽しめてきましたし、これは楽しみな新作ですね。

☆あらすじ☆
「魔剣の軍師」―類稀なる知略と武勇により、後世の歴史にその名を刻む天才軍師ジュリオ・ロッシの異名である。だが、彼の実像は、歴史書とはかけ離れた不埒な男。そして、そんな彼の下に集い、後の世に「虹の兵団」として語り継がれる古今無双の英傑たち―修道女ラン、金獅子トリスタン、弓聖の娘ロスヴァイセ―も、負けず劣らずのアウトな連中ばかりだった。これは、亡国の地トレントから大国に反旗を翻し、歴史上、最も「けしからん」奇跡をつむぐことになる、魔剣の軍師とその仲間たちの“伝説になってはいけない伝説”。奇才が贈る衝撃のファンタジー戦記、爆誕!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 魔剣の軍師と虹の兵団1

CtG ゼロから育てる電脳少女1

『CtG〈クレイドル・トゥー・ザ・グレイヴ〉ーゼロから育てる電脳少女ー1』(玩具堂著/角川スニーカー文庫)★★★★☆

CtG ─ゼロから育てる電脳少女─ (角川スニーカー文庫)
CtG ─ゼロから育てる電脳少女─ (角川スニーカー文庫)

VRMMOの世界で「結婚」したら子供ができて、なぜかその子がリアルに出てきちゃった!?というお話。
面白かったです!ラブコメのつもりで読んだのですが、予想以上にSF色が強い感じ。
人工知能は「心」を持つか、という鉄板SFネタですが、読みやすくラノベナイズされていて終始楽しく読みました。

☆あらすじ☆
VRMMOゲーム「CtG」で、春日井遊は初対面のミーファと気楽に“結婚”する。でも娘のハルハが生まれて、まさかの子育てスタート!?しかも「きたよ、おとーさん!」「く、釘宮です」なんと現実世界にも、実物のハルハとミーファの中の人・釘宮美遥が登場!実はハルハは秘密の計画で創られた“新しい人類”だったのだ!!遊と美遥は、現実とゲームの両方で、人類の未来に関わる(?)壮大な少女育成に巻き込まれて!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む CtG ゼロから育てる電脳少女1