エイルン・ラストコード1 架空世界より戦場へ

『エイルン・ラストコード 〜架空世界より戦場へ〜』(東龍乃助著/MF文庫J)★★★★☆

エイルン・ラストコード ~架空世界より戦場へ~ (MF文庫J)
エイルン・ラストコード ~架空世界より戦場へ~ (MF文庫J)

オシャレな専用公式サイト(リンク)があったり、Twitterの公式アカウントがあったりで、MF文庫Jがものすごく力を入れている様子の本作。
CMももちろんあります。

巨大ロボットを有する人類と、人類を捕食する謎のクリーチャーとの戦いを描く作品なのですが、なんとついているイラストレーターが3人!
さらに戦闘シーンは連続挿絵で、これがまるで漫画のよう。というか漫画。迫力のある戦いをよりイメージしやすくしてあり、ロボラノベ初心者にも安心の仕様でしたw
シリアスかつ謎の多いストーリーもとても面白かったです。アニメから飛び出てきた主人公という突飛な設定ですが、そこから起こる波乱が予想以上に読み応えがありました。
MF文庫Jならではのラブコメもちゃんとあるのですが、それがまたうまくストーリーに馴染んでいて良かった。
正義感の強い主人公は格好いいし、ヒロインは可愛いし、ロボバトルは熱いしで、大満足の新作でした!ぜひ長く続くシリーズになってほしいです。

☆あらすじ☆
これは嘘を真実に、空想を現実に変える、いや変えていった人間達の魂の物語である。西暦2070年。人類が謎の生命体マリスから襲撃を受けて半世紀以上の時が流れた。だがマリスに唯一対抗できる巨大兵器“黒き魔女”デストブルムのパイロット・セレンは絶望的な戦いに精神を疲弊しきっていた。そんなある日戦場に奇跡が舞い降りる。国籍不明の謎の戦闘機が出現、この世界に存在し得ない超兵器で、マリスを一掃する。盛り上がる人類。だが、戦闘機から出てきたのはこの世界での大人気アニメ「ドール・ワルツ・レクイエム」のパイロット、エイルン・バザットそっくりの少年で―。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む エイルン・ラストコード1 架空世界より戦場へ

あやかし帝の恋絵巻 異世界行ったら二分で寵姫!?

『あやかし帝の恋絵巻 異世界行ったら二分で寵姫!?』(めぐみ和季著/一迅社文庫アイリス)★★★★☆

あやかし帝の恋絵巻 異世界行ったら二分で寵姫!? (一迅社文庫アイリス)
あやかし帝の恋絵巻 異世界行ったら二分で寵姫!? (一迅社文庫アイリス)

サブタイトル通りの話なのですが、予想以上にシリアスなストーリーでした。
幼い頃に異世界の少年と出会った過去をもつ真桜。10年後、彼女は異世界の帝となった夜白によって彼の世界に召喚されてしまいます。
なんとか自分の世界に戻ろうとしつつも、夜白の不器用さや優しさに惹かれていき、「暴君」という彼の汚名を返上してあげたいと考え始める真桜。そして、そんな真桜の好意を得ようと必死にアピールを頑張る夜白。
夜白を巡る陰謀に巻き込まれたり、壊滅的すぎる夜白の会話センスに脱力したり、もふもふに癒されたりするのですが、二転三転とする展開が続いてなかなか読み応えがありました。面白かったです!

☆あらすじ☆
普通の女子高生の真桜は突然、妖たちがはびこる異世界に連れてこられ、暴君と名高い帝・夜白と結婚させられることになってしまう!真桜と幼い頃に出会って約束をしたらしい夜白は、猟奇的なくどき文句で彼女のことを溺愛してくるけれど、「あたしは家に帰りたいの!」帰るためには返還の力を持つ夜白を更生する以外ないと、家臣たちに言われてしまった真桜は、夜白の暴君返上のためにがんばることに―。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む あやかし帝の恋絵巻 異世界行ったら二分で寵姫!?