叛逆のドレッドノート1


『叛逆のドレッドノート』(岩田洋季著/電撃文庫)★★★☆☆

叛逆のドレッドノート 電撃文庫
叛逆のドレッドノート 電撃文庫

強制テレパシー?的な現象によって、お互いの考えや五感の記憶やら全てが丸裸状態になってしまった主人公とヒロイン。
そんな2人の交流を描く学園ラブコメです。最初は学園異能バトル的話かと思ったんですけど、この巻だけみれば「襲い来る未知の敵」というのはメインではなかったんですよね。次巻以降でまた変わってくるのかもしれませんが。
なかなか面白かったです。全部丸裸は嫌すぎる。死ねる。

☆あらすじ☆
“煉気”と呼ばれる異能力をもった子供たちが集められた“学園”。本土からこの“学園”に入学することとなった岩代零が、真紅のドレスを身に纏う学園の超問題児・新宮百華に触れた瞬間、お互いの思念が相手に映像として伝わってしまう“共振錯覚”によって、極めてデリケートでもだえるほど恥ずかしい秘密を共有してしまうことに―!!秘密をばらされることを恐れた百華はすぐさま零に付きまとい、おかげで学園中の注目の的に!?傍若無人に振り回される毎日の中で、少しずつ心を通わせていく二人。そして零は、学園の真実と襲来する“蛇”の謎、さらに百華が“叛逆少女”と呼ばれる秘密に迫り―。運命を打ち砕く叛逆少女の物語、開幕!

以下、ネタバレありの感想です。

 

「煉気」と呼ばれる超能力的な異能を持ち、煉機器を操ることで、謎の敵「蛇」に立ち向かうことを義務づけられた〈子供たち〉
物語の舞台は、そんな〈子供たち〉が集められ、蛇の的とされるべく作られた「学園島」です。
主人公は、〈子供たち〉ではないものの学園島に入学することになった岩代零
零は、道に迷ってたどり着いた場所で真紅のドレス姿の少女・新宮百華と出会います。その瞬間、二人の間に「共振錯覚」が生じ、お互いが感じていることや考えていることなどなど全てがさらけ出されることになって・・・・・・という感じで物語が始まっていきます。

 

共振錯覚。嫌すぎます。過去の五感が共有されるのはまだ良いとして思考まで丸裸とか百回死ねますよ。
今回は百華が女の子なんだしダメージでかいよね、って感じに零は比較的冷静だったようですが、いや思春期の男の子の脳内丸裸もだいぶ嫌だと思うんですけど。どうなんでしょう??(;・∀・)

まぁ、零も百華も悶え死にかけてるんですけどね。哀れすぎるww

 

そんな共振錯覚に戸惑う2人の心の交流を中心に据えて、物語は展開していきます。
蛇と戦わなければならない「学園」での生活において、なぜか頑なに叛逆的な態度をとろうとする百華。
そんな百華を忌避し、嫌悪する「学園」の生徒達。
そんな両者のすれ違いに違和感を持ち始める零。

結局、百華がどんな女の子なのか、という点だけに焦点を絞っていましたね。
「蛇」の謎やら、「学園」の思惑やらは全て紹介程度。ある意味潔い構成ですっきりしていたと思います。
まぁ、設定的に学園異能バトル(というか蛇との戦い)になりそうでいて、思ったよりは盛り上がらない展開にはちょっと肩すかしを食らってしまいましたが。
終盤のゴーストサッカー戦があるにはありましたけど、それも零と百華の関係を動かすためのトリガーにすぎないというか。

 

百華の叛逆の理由は途中でわかったものの、これを突っ込んで書いていくとなるとなかなか難しい物語になりそうな予感。
そもそも〈子供たち〉なんかを作らなければこうはならなかったとはいえ、すでに存在している蛇と〈子供たち〉を前にそうも言ってられないですし。
なぜ自分たちは選ばせてももらえないのか、という百華の不満は解消されるのか。
面白くなりそうなので、ここら辺の展開は期待しています。

 

バトル的な部分はともかく、ラブコメとしては満足です。
特に最後の「調教」云々の話は「そっちにいくのかよ!」と思わず笑ってしまいました。良いですね。こういうの新鮮です。
そして1巻で両想いになるラブコメは大好物です。この調子でいちゃいちゃバカップル化してくれたらもっと良い!
それにしても、テーマが「ねじ伏せる恋」とかなかなかアレですね。ふたりとも素直な良い子なので、悪どい展開にはならなそうですけど。ねじ伏せようと頑張るも恥ずかしがってる姿が目に浮かぶ。

 

まだまだ全容が明らかでないプロローグな1巻でしたが、全体的には満足できる作品でした。2巻も読みます。

 

余談。
そういえば初読み作家さんでした。
一文が長すぎるのか、説明描写が詰め込まれすぎているのか、ごちゃっとした文体が少し読みにくかったです。物語は面白いのに、そこが少し残念でした。

叛逆のドレッドノート 電撃文庫叛逆のドレッドノート 電撃文庫
岩田 洋季,白もち 桜KADOKAWA / アスキー・メディアワークス
売り上げランキング : 2758

Amazonで詳しく見る

スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。