光炎のウィザード6 愛は完全無欠


『光炎のウィザード 愛は完全無欠』(喜多みどり著/角川ビーンズ文庫)★★★☆☆

光炎のウィザード 愛は完全無欠 (角川ビーンズ文庫)
光炎のウィザード 愛は完全無欠 (角川ビーンズ文庫)

文化祭編!
〈学園〉でもこんな行事があるんですね。
そして満を持して登場したはずの「彼」の予想外なキャラクターに衝撃が走りました。副題がまさにそのまんまで笑ってしまうw

☆あらすじ☆
見習い魔術師リティーヤが捜し続けていた、生き別れの家族が見つかった!!
―って、“学園”のお祭り“六花祭”で喫茶店を営むリティーヤのもとに現れた、仮面の芝居がかった不審者が、な、なんとお兄ちゃん!?だけど、「薔薇の棘」と名乗る兄は、かたくなにリティーヤとの関係を否定してきて…!?しかも、“A”の位階を持つ魔術師ロードマスターとも知り合いのようで!?愛と冒険の魔法学園ファンタジー、疾風怒涛の第6巻。

以下、ネタバレありの感想です。

なんか黒いところが目立っていた《学園》ですが、一応学校らしく文化祭のような行事もあるんですね。
今回はそんな「六花祭」の話。そして唐突にお兄ちゃん登場。

いきなりでしたねー。もう少し余裕もって出てくるかと思っていました。

そして、キャラがまさかの中二病患者!!
いやー濃いわー。もうこれ以上ないくらい「リティーヤの兄です!(`・ω・´)」って感じのお兄さんでしたw
ドジっこ兄妹という感じでしたが、家族全員揃うとどうなってしまうんだとドキドキします。見てみたい。

 

リティーヤの家族探しは今回でほとんど達成したみたいですね。お兄さんはすでに家族との繋がりを絶ってレッドロック家のファルクロウを名乗っているものの、家族の所在はわかってますしね。あっさり片付いたなぁという印象。

 

リティーヤの人生の目標の片方は片付き、残りの「虹ドロさんを探せ!」のほうも真相を知るまで秒読み段階といったところ。ていうか、本当になんでまだ気づかないんだw
もう最終巻まで気づかないつもりなんでしょうか。というかだんだんヤムセとの関係が師弟で落ち着き始めたんですが、色恋方面にはいかないんですか。待ってるんですが・・・・・・ゼストガさんもフラれちゃったし。

 

リティーヤの過去関係はだいたい整理できたようですが、《風と八月党》と《キツネ》に関してはいろいろと繋がりが見えてきているもののまだ謎だらけ。
党首と似た容貌のロードマスターも素性が怪しくなってきてますしね。そっちに関してはゼストガが動くんでしょうか?彼にはまだまだ活躍してほしいんですけど、期待してもいいですかね。

 

うーん、今回はいろいろ動きがあった割にストーリーはあまり動きませんでしたね。全部お兄ちゃ・・・・・・じゃなかった《薔薇の棘》さんにもっていかれた感じがあります。
お兄・・・・・・じゃなかった《薔薇の棘》さんは今後も出番があるのでしょうか?おもしろいんでぜひこれからも大活躍してほしいですね!

光炎のウィザード 愛は完全無欠 (角川ビーンズ文庫)光炎のウィザード 愛は完全無欠 (角川ビーンズ文庫)
喜多 みどり,宮城 とおこ角川グループパブリッシング
売り上げランキング : 786525Amazonで詳しく見る
スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。