軋む楽園の葬花少女〈グリムリーパー〉3


『軋む楽園の葬花少女Ⅲ』(鷹野新著/電撃文庫)★★★★☆

軋む楽園の葬花少女 (3) (電撃文庫)
軋む楽園の葬花少女 (3) (電撃文庫)

第1部完結。
裏切り者の葬花少女を見つけなければならないということで、疑心暗鬼渦巻くシリーズ第3巻です。
リクと雪野の幼馴染みカップルは相変わらずの可愛さだったし、ストーリーもとても面白かったのですが、・・・・・・これ大丈夫かな。第2部ちゃんと出るのかな。
面白いので皆さん買ってくださいお願いします!

☆あらすじ☆
熾烈を極めたアイリス戦は終結した。しかし、葛見達葬花少女隊には休息の時間などは無く、すでに葛見と雪野は白峰総司令からの特命を受け行動を開始していた。その命令とは、アイリス戦を妨害した人物―“裏切り者”の手掛かりを極秘裏に探ることだった。そんな中、葛見達の数少ない理解者である小笠原の左遷により新たな上司となったベネットが、事態を最悪の方向へと導いて行く!果たして、葛見達が辿り着いた背徳の人物とは!?“彼女”はなぜ人類を裏切ったのか―。美しき最終兵器達が織りなすダークアクション、衝撃の第3弾!

以下、ネタバレありの感想です。

 

スパイがいるのではないか、という疑惑からスタートする第3巻。
そんなわけでスパイを見つけ出せ!というところから、スパイは葬花少女なのでは?となり、誰が裏切り者だ!?という疑心暗鬼がうずまく展開へ。

不穏な空気にドキドキしつつも、リクと雪野のいちゃいちゃに心が癒やされました。最初の挿絵のシーンとか、遊園地デートとか(短すぎる!)、何かもう色々可愛すぎです。
でもこの子たちのじゃれ合いって、いつもどこか悲壮感がただよっているんですよね。経緯を考えれば仕方ないけどとても切ない。
終盤で自失状態の雪野とリクが戦うシーンも、その原因は雪野のリクに対する罪悪感が根強くあるからでしたし・・・・・・。仲の良いカップルのガチバトルとか、見ているだけで心が痛くなって悲しくなります。雪野が泣きじゃくるから、もう・・・・・・ほんと、勘弁して(´;ω;`)
ただ、白雪姫の眠りをさますキスはとても素敵でしたけどね(o´罒`o)あれは名シーンだ!

 

肝心のスパイ騒動については、二転三転と疑わしい人物を変えつつ、誰も彼もが嘘をついているかのような展開をしていくため、とてもハラハラとしました。
ローズと小笠原が同時に怪しいムードを漂わせたため(新キャラのベネットがシロなのは明らかでしたし)、ローズはだめローズはだめと祈りながら読み進めてしまいました。まぁ、ローズはないだろうなぁと思ったものの、じゃあ何で彼女が不審すぎる行動をとっていたのかも分からないしでちょっと混乱。ミステリーのような伏線回収はとても面白かったです。

しかしあの結果はなぁ。良かった・・・・・・のかな。
リクにとっては初めての敗北ですし、第一部のラストを飾るには苦すぎる結末といえるのかもしれません。

 

スパイ騒動に決着がつくと同時に、新たな情報も出てきました。
第四世界のリーダーと、白峰指令と、ベネットが最古の3人とはどういうことでしょう?
あと、最後に男(白峰?)と喋っていた女が「始まりのレギオン」ってどういうこと???
第四世界がなぜレギオンに狙われずにすんでいるのかもわからないままですしね。

これは第2部を出してもらって全て明らかにしてもらわねば!
大丈夫ですよね!?出ますよね!?最後が完全に「俺たちの戦いはこれからだ」なんですけど!!

第1部完結という名の打ち切りには断固として否やを唱えたい!ヽ ( ꒪д꒪ )ノ

軋む楽園の葬花少女 (3) (電撃文庫)軋む楽園の葬花少女 (3) (電撃文庫)
鷹野新,せんむKADOKAWA/アスキー・メディアワークス
売り上げランキング : 2168Amazonで詳しく見る
スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。