青春ブタ野郎はロジカルウィッチの夢を見ない(青春ブタ野郎シリーズ3)

『青春ブタ野郎はロジカルウィッチの夢を見ない』(鴨志田一著/電撃文庫)★★★★☆

青春ブタ野郎はロジカルウィッチの夢を見ない (電撃文庫)
青春ブタ野郎はロジカルウィッチの夢を見ない (電撃文庫)

前巻の感想はこちらから
青春ブタ野郎はプチデビル後輩の夢を見ない(青春ブタ野郎シリーズ2) | 晴れたら読書を

今までで一番青春していたのではないでしょうか。とても面白かった!
ロジカルウィッチな同級生・理央のターンです。
彼女の抱える想いと、そのために発現してしまった思春期症候群。今までで一番共感できる(というか理解できる)内容だったのか、のめり込んで読んでしまいました。
高校2年生の夏休みって、人生の中で最も青春を感じる季節なんだろうな・・・・・・と思ってしまいました。素晴らしい。
そして巻を重ねるごとにいちゃいちゃ度が増すブタ野郎と麻衣先輩。最高です。
でも、あれ?最後どういうことなんだ??

☆あらすじ☆
夏休み直前、咲太の前に、初恋の牧之原翔子と同じ名前、同じ顔をした女子中学生が現れる。でも本当なら、翔子は女子大生のはず。混乱に陥る咲太に、またも不思議現象・思春期症候群が忍び寄る。なぜかふたりに増えてしまった科学部所属のクールな同級生・理央。咲太は家出した片方の理央を自宅にかくまうことになり、まさかのプチ同棲生活が開始する。さらに麻衣先輩まで泊まり込むと言い出したから、咲太の夏休みは大混乱に。そして、理央が抱える痛みとは―。空と海に囲まれた町で起こる僕らの恋の物語、『青春ブタ野郎』シリーズ第3弾。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 青春ブタ野郎はロジカルウィッチの夢を見ない(青春ブタ野郎シリーズ3)

新約 とある魔術の禁書目録〈インデックス〉7

『新約 とある魔術の禁書目録7』(鎌池和馬著/電撃文庫)★★★☆☆

新約 とある魔術の禁書目録 (7) (電撃文庫)
新約 とある魔術の禁書目録 (7) (電撃文庫)

前巻の感想はこちらから
新約 とある魔術の禁書目録〈インデックス〉6 | 晴れたら読書を

ここまで再読です(後半全く覚えていなかったけど)。
ヒーローをいっぱい集めてビリヤード大会する的大騒動な1冊。グレムリンどこ行ったし、ってくらい科学サイドオンリーな話です。
そして私は一度ここで脱落したんですよね・・・・・・今度こそこの続きを読むぞ!

☆あらすじ☆
上条当麻が目覚めた場所は『暗闇の密室』だった。彼をそこに送り込んだのは、多角スパイ・土御門元春。この学園都市に、再び敵性魔術師が潜入し、持ち込んだ霊装で学園の壊滅を狙っているらしい。霊装による大規模術式発動阻止の『使命』を受けた上条は、残り数時間という緊急事態の中、急いで『暗闇の密室』から抜け出した!!―のだが、目の前に広がったのは、名門お嬢様女子校の更衣室で…。今回も爽快に不幸が炸裂する上条。ド変態の烙印を押され、凶暴な女学生たちから追われる中、途中で御坂美琴にも発見され、ついにチェックメイトかと思われたその瞬間…“幸運”にも、救いの手がさしのべられた。食蜂操祈。常盤台中学、第五位の超能力者『心理掌握(メンタルアウト』である少女から。この出会いは、偶然の産物か、それとも『何者か』による必然の産物か―。科学と魔術が交差するとき、物語は始まる!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 新約 とある魔術の禁書目録〈インデックス〉7