新約 とある魔術の禁書目録〈インデックス〉6


『新約 とある魔術の禁書目録6』(鎌池和馬著/電撃文庫)★★★★☆

新約 とある魔術の禁書目録 (6) (電撃文庫)
新約 とある魔術の禁書目録 (6) (電撃文庫)

前巻の感想はこちらから
新約 とある魔術の禁書目録〈インデックス〉5 | 晴れたら読書を

新約禁書再挑戦キャンペーン第2弾。再読です。
一端覧祭本編というかフロイライン騒動の解決編。
そういえば私は一方通行が大好きだったわ、と思い出しました。強いくせにグジグジしてるところが良いんですよねw
この巻は怪物達のバトルバトルバトルな話で面白かったです。カブトムシ05がイケメンすぎる!
でも、ここらへんを読んだあたりからキャラの多さについていけなくなってきたんだよなぁ。禁書はまとめ読み推奨だなぁと改めて感じました(メイン以外の旧約登場キャラは名前が出てきてもピンとこなくなりつつある)

☆あらすじ☆
『一端覧祭』の準備期間は終わり、本番の時を迎えた。学園都市に、楽しげな人々の喧騒と賑やかな雑踏の音が響く。そして、同じ頃。街の裏側で起きている『事件』も、始まった。アレイスターの本拠『窓の無いビル』から彷徨い出た『不死の少女』フロイラインを巡り、怪物達が集結する。魔術と科学の組織『グレムリン』からは、霊装製造者マリアンと雷神トール。魔術サイドからは、『聖人』ブリュンヒルドとシルビア。学園都市からは、『超能力者(レベル5)』一方通行(アクセラレータ)、麦野沈利、そして御坂美琴。さらに、もはや『ヒト』の枠を超えた垣根提督。あらゆる“最強”が同時多発決戦を起こし、怪物達が巻き起こす嵐は『一端覧祭』開催中の学園都市を包み込む。その中で。重傷を負った“最弱”上条当麻が、フロイラインを追って走る―。

以下、ネタバレありの感想です。

 

フロイライン救出作戦はこれにて成功、と。
あの解決策はちょっとご都合主義が過ぎるような気がしたんですが、禁書特有の「この展開は誰かの思惑に沿ったものなんじゃないか?」という薄気味悪さはしっかりとあったり。
どこからどこまでが「誰か」が作ったレールなのか。
そういうことを考え始めると、上条当麻が学園都市にいること自体や、そもそも学園都市が造られたこと自体にも疑問符がつき始めるのが禁書の怖くて壮大なところなんですよね。
でもいい加減伏線が回収されなさすぎて忘れてきたぞ・・・・・・(´・ω・`;)

 

それはともかくフロイライン絡みでバードウェイと殴り合ったり、レベル5が3人も一点集中したり、カブトムシが突然の白イケメンになったりと、派手な巻でした。
パパパっと場面を展開しつつバトルバトルな激しいシーンを繰り返すのが魅力的。
時系列が交錯するのでついていくのは大変なんですが、その分読み応えがあります。でも今回はまづらは脳みそ料理に立ち会っただけだな。

 

そして第二位との戦いの中でまたもトラウマがぶり返した一方通行
三歩進んで二歩下がるは彼のためにある言葉なんじゃないでしょうか。暗部から抜け出ても暗部の記憶からは抜け出せなくてあがき続けるのが一方通行なんですけどね。
その苦しさに立ち向かう姿がほんとに格好いい。私は上条さんより断然一方通行の方が好きなんですよねぇ。旧約も一方通行回の方が好きだった。
あと総体の「ミサカ」が出てきましたが(この巻が初登場だっけ???)、総体としてはやはり一方通行よりも上条に興味があるんですね。まぁ、オリジナルは今回メインヒロイン的ポジションどりしてましたしね。

 

今回のバトル尽くしの中でも、最後のトール戦が結構好きでした。腹に銃弾受けて走り回るとか上条さんもトールも人間やめすぎです。
グレムリン側とオッレルス側の戦いはまだまだ続きますが、そこで離反したトールがどう動くのかが少し楽しみです。

新約 とある魔術の禁書目録 (6) (電撃文庫)新約 とある魔術の禁書目録 (6) (電撃文庫)
鎌池和馬,はいむらきよたかアスキー・メディアワークス
売り上げランキング : 112105Amazonで詳しく見る
スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。