焦焔の街の英雄少女3


『焦焔の街の英雄少女3』(八薙玉造著/MF文庫J)★★★★☆

焦焔の街の英雄少女3 (MF文庫J)
焦焔の街の英雄少女3 (MF文庫J)

前巻の感想はこちらから
焦焔の街の英雄少女2 | 晴れたら読書を

英雄少女と幼なじみ主人公の、のほほんとしたいちゃいちゃが可愛すぎるシリーズ第3弾。
ストーリーそのものも面白いのですが、今回はとにかく杏の破壊力がすごい!
光義不在で自分を見失う杏が真剣に可愛くて悶えてしまいました。

☆あらすじ☆
ベヒーモス、カルキノスの襲来に乗じ、“桔梗”本部を強襲した“八雷”。杏の奮戦空しく、“八雷”を率いる嵐樹の剣皇・イザナミによって光義が連れ去られてしまう。後悔に苛まれ、一刻も早く光義の奪還に向かおうとする杏。しかし、常に傍で自分の支えとなっていた光義がいないことで、杏は「烈火の剣皇」としての自分の姿を見失っていた。一方の光義も、イザナミを始めとする“八雷”メンバーの目的を知り、迷いを覚える。そんな中、敢行される光義奪還作戦。杏と共に投入される“獣人殺し”と呼ばれる部隊。善意から生まれたはずの戦いがやがて大いなる悪意を呼び込み…。世界の運命に翻弄される、英雄の少女とその幼なじみの物語。愛と悲しみの第3巻。

以下、ネタバレありの感想です。

 

テロ組織「八雷」の首領・イザナミによってさらわれてしまった光義。
しかし、さらわれた先で光義は「八雷」の内実を知って彼らを悪とすることに疑問を覚えてしまいます。
一方で光義が傍にいなくなってしまった杏はストレスのあまりネバネバを食べまくり、さらには自分のキャラも見失ってしまって・・・・・・というのが今回のストーリー。

 

もうね。とにかく杏が可愛い。これに尽きるシリーズ第3巻でした。

1巻から凛とした豆腐メンタル少女で新次元の可愛さがあったヒロインですが、今回の迷走っぷりは可愛さ爆発レベル!
一生懸命光義不在の不安を乗り越えようと頑張ったあげくに迷走してキャラ崩壊して涙目になる杏の魅力は天井知らず。
光義の無事を知って腰を抜かしたシーンとか、ボロ泣きで英雄顔してるシーンとか、最後のふにゃふにゃと光義になでなでされるシーンとか、もう可愛いシーンは挙げたらキリがないです。ほんと可愛い。やばい今回の記事可愛いばっか言ってる。可愛い。
私的には、針千本のますのは申し訳ないからコシのある讃岐うどんを天ぷらつきで食べさせるぞ!と言ってる杏が最高でした。可愛い。

 

とまぁ、杏可愛い第3巻でしたが、ストーリーも大きく動きました。
〈八雷〉の暴走が〈ケン塵帝〉エリスの仕業だとわかり、これを打ち倒しただけでなく、イザナミ改め兎川碧が仲間に。
〈八雷〉の内実が明らかになるにつれて、前巻での外道のイメージとかけ離れていくのが疑問だったのですが、まさかそういうわけだったとは。タマオノの死は残念でした・・・・・・。

それと光義。碧の力によって人間に戻れそうなフラグがたった?戦いが終わってしまえばどうにかなりそうです。でもなー。フラグ立てすぎて逆にフラグクラッシャーなカラスキさんがいるからなー。

 

仲間もそろい、杏と光義の絆も再確認。
これでいよいよ〈近畿侵蝕圏〉奪還に向けて動き出しすわけですね。物語もクライマックス突入というところでしょうか。

次巻もとても楽しみです。出るよね?

焦焔の街の英雄少女3 (MF文庫J)焦焔の街の英雄少女3 (MF文庫J)
八薙 玉造,中島 艶爾KADOKAWA/メディアファクトリー
売り上げランキング : 151889Amazonで詳しく見る
スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。