元帥閣下の略奪婚1


『元帥閣下の略奪婚』(小田マキ著/一迅社文庫アイリス)★★★☆☆

元帥閣下の略奪婚 一迅社文庫アイリス
元帥閣下の略奪婚 一迅社文庫アイリス

奴隷同然に虐げられてきた少女と、彼女に一目惚れしたけど好きすぎてヘタレ化してしまう元帥閣下のお話。
あらすじはラブコメと書いてありますが、あまりコメディ感は強くなかったような。いや笑える箇所は多々あったのですが、ヒロインのハードモードすぎる人生がインパクトありすぎて・・・。
ヒロインとヒーローの関係性や、異能の設定がなかなか面白かったですが、1冊に詰め込みすぎて消化不良になっていたように思えたのは残念でした。中盤までは割と緩やかに進むのに、終盤は駆け足でしたし。
ただ、なんか常に「俺、どうせ嫌われてるから・・・(´・ω・`)」と哀愁漂う閣下が可愛かったので、なんかもう満足しました。発売予定の続編も楽しみです。
かなりどうでもいいことなんですが、アメリの呪文で私の脳内にシュワちゃんが降臨しました・・・。

☆あらすじ☆
他人の運気を吸い取り不幸にする―という力を持ってしまったため、貴族の血を引きながらも不遇な扱いを受け、さらには望まない結婚を強いられていたアメリ。しかし結婚式に颯爽と現れ、そんな彼女を救ったのは、“駿足の悪魔”と恐れられる、帝国軍の元帥閣下、ロイス・フィングだった!しかし極度の耳フェチである彼は、アメリの耳に恋をしていて…!?不幸少女×悪魔元帥閣下の略奪婚ラブコメディ、スタート!

以下、ネタバレありの感想です。このあらすじ、もう少しどうにかならなかったんですか(´ε`;)ウーン…

 

血縁関係にある伯爵家で、奴隷のような扱いを受けていた女中のアメリ
極悪非道の伯爵親子の策略で無理矢理結婚させられるところだった彼女を救ったのは、「俊足の悪魔」の異名をもつ帝国軍元帥・ロイスでした。
アメリの亡父に恩があったことがきっかけではあったものの、一目惚れしてしまったことで本当にアメリに求婚したロイス。
・・・・・・ここ、別に耳だけが理由じゃないのがすでにあらすじ詐欺ですね。ロイスは確かに耳好きですが、フェチとまで言われる変態さんではないです。たぶん。

 

一方で、ロイスの怖面+過去の軍服トラウマのせいで絶対に求婚を受け入れたくないアメリ。
お兄ちゃん皇帝の横槍でとりあえず婚約を様子見することになり、アメリはロイスの近くで暮らすことになるのだが・・・・・・というのが序盤のおおまかな流れです。
この後、「まずは使用人からでよろしく!」ということでロイスの妹イエーヴェルの攻略に乗り出したりなんやりと色々騒がしく進むのですが、ちょっと中盤の展開は長すぎたかもしれません。
まぁ、ロイスとアメリがじりじりと間合いを保ちつつ、ゆっくりと打ち解けていく過程は楽しかったですけどね。ロイスがアメリに対しては常に後ろ向きすぎるヘタレで笑いました。あ、今「(´・ω・`)」って顔してる絶対!と内心ツッコミまくりでしたww

 

中盤まではちょいちょい入るアメリの凄絶な過去に胸焼けしつつもラブコメ風に進んでいくのですが、終盤では一気に雰囲気が変わってしまいます。
というか、テオドールとの対決への流れは少し展開が雑でついていくのが大変でした。中盤をもっと絞ればよかったんじゃ・・・・・・テオドール登場のくだりが唐突すぎてなぜこういう展開になったの?と疑問だったのですが、その部分は著者のブログでSSとして公開されてました。本編でちゃんと説明して欲しかったです。
それと、物語の重要設定である「ガート」も面白い要素ではあるものの、少し理解するのが難しかったです(というか今でもよくわかってない)。アメリの「悪魔の手」設定は結局何だったんでしょうか?

 

・・・・・・と、少し不満点はあるものの全体的には満足なので次巻も買います。アメリは結局デレちゃったけど、きっとこれからもロイスが勝手に空回ってくれると信じてますw

 

余談。
これ私だけなのかもしれないんですが、アメリの「デデン・デン・デデン」の呪文がターミネーターのテーマで脳内再生されて苦しかったです。

元帥閣下の略奪婚 一迅社文庫アイリス元帥閣下の略奪婚 一迅社文庫アイリス
小田 マキ,秋吉 ハル一迅社
売り上げランキング : 12463Amazonで詳しく見る
スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。