サングリア-In the Dracuria earth- 2 月黄泉-MOON HADES-


『サングリア-In the Dracuria earth- 2 月黄泉-MOON HADES-』(髙野小鹿著/角川スニーカー文庫)★★★☆☆

サングリア ‐In the Dracuria earth ‐ (2) 月黄泉‐MOON HADES ‐ (角川スニーカー文庫)
サングリア ‐In the Dracuria earth ‐ (2) 月黄泉‐MOON HADES ‐ (角川スニーカー文庫)

聖のキャラが結構好きです。クールなイケメンのはずなのに色々と振り回されて微妙に三枚目になってしまっている感じがw
宿敵と相まみえるところまで話が進みはしたものの、今回のメインはブランサマでした。聖は罪な男ですね。

☆あらすじ☆
全世界に気づかれてしまった芦田土萌華の存在により吸血世界は変貌を遂げた。しかし注目の的である(吸血鬼殺しの)少女は相も変わらぬ学生生活を送っていた。尚も過熱報道が続く中、土萌華のもとに、ある1通の“会食の招待状”が届く。その差出人は第三の始祖・迦喰夜。それは半吸血鬼の少年・宝泉聖の母を殺した宿敵で―!?絶滅したはずの人間が現れ、世界の血がざわめく―。

以下、ネタバレありの感想です。

 

土萌華の正体が全世界にバレてしまった!
というところで終わった1巻の続きから話がスタート。
2巻は土萌華が友達作ったり、聖の仇である迦喰夜から呼び出し受けたり、ブランが暴走したりと色々あったのですが、結局何も話が進んでいないような・・・・・・。最後のブランサマの話は微妙に必要性がわからなかったんですが、彼女はこれで仲間になるのでしょうか?

 

2巻での大きなポイントは迦喰夜とのファーストコンタクトなので、話の盛り上がりが中盤で終わってしまっていたように感じたのは少し残念でした。まぁ、私があまりブランサマ好きじゃないせいかもしれませんがwただ、聖がドヤ顔できるのもブランサマにだけなので、それだけでも彼女には存在意義があるのかもしれませんね。
あと、デレたブランの衝撃のドS発言にドン引きする聖には笑いましたw

 

前巻から名前が出ていた仇敵・迦喰夜とは顔見せだけで終わってしまいました。決戦は京都?でもなんだか本当に聖の父親の仇なのかな?って空気が出てきたような。何か事情があったのでしょうか。迦喰夜はかなり良いキャラだったのでもっと出番が増えてほしいところ。

 

それと、個人的には聖がものすごく土萌華を意識しているのに笑ってしまいました。本人は一生懸命気づかないふりをしているようですが。デレるの?デレないの!?ってやきもき。ウソから出たなんとやらですね。教室内で土萌華の話に聞き耳たてすぎですよww
「セーラー服というのも良いな!」にも笑いましたwwおっさんか!

 

聖と土萌華にはもっとバトルシーンでパートナー的に動いてほしいところですが、吸血行為が欠かせない以上あまり期待できないのかなぁ。ふたりとも100%の力で共闘できないっていうのはちょっともったいないですね。

 

今回は迦喰夜との対面とブランがデレるという、全体的に準備回のような印象の巻でした。3巻では話が動くでしょうか。
続きも楽しみです。

サングリア ‐In the Dracuria earth ‐ (2) 月黄泉‐MOON HADES ‐ (角川スニーカー文庫)サングリア ‐In the Dracuria earth ‐ (2) 月黄泉‐MOON HADES ‐ (角川スニーカー文庫)
高野 小鹿,だぶ竜KADOKAWA/角川書店
売り上げランキング : 80577Amazonで詳しく見る
スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。