2014年版お気に入りの少女小説15選

巡る世界の黙示録 少女戦隊ドリーム5 (ビーズログ文庫)

少年向けレーベル版についてはこちらから → 2014年版お気に入りのライトノベル20選

ついに2015年が目前に迫ってきました!
2014年も残りわずか。今年の思い出は今年のうちに振り返っておきたいものです。
というわけで、2014年に読んだ少女小説の中から特にお気に入りだった作品をまとめてみました。

お付き合いくださる方は以下をどうぞ〜( ´ ▽ ` )ノ

続きを読む 2014年版お気に入りの少女小説15選

花神遊戯伝10 ちとせに遊べ、この花世界

『花神遊戯伝 ちとせに遊べ、この花世界』(糸森環著/角川ビーンズ文庫)★★★★★

花神遊戯伝 ちとせに遊べ、この花世界 (角川ビーンズ文庫)
花神遊戯伝 ちとせに遊べ、この花世界 (角川ビーンズ文庫)

独特の世界観と言い回しをもって描き出された壮大な和風ファンタジー、ついに完結です。
思い返せば過酷なシリーズでした。与えられた役割の重さに震え、信じた人に裏切られ、神代のしがらみにとらわれ、苦しみ抜いた知夏。
彼女がどんな結末を迎えるのか、どんな決断をするのか、ドキドキしながらこの最終巻のページを開きました。
全てが全て幸せではないのかもしれませんが、私としてはとても納得のいくラストだったと思います。
良い作品に出会えました。糸森先生お疲れ様でした。発売予定の外伝もとても楽しみです。

☆あらすじ☆
平穏な世界で制服を着て通学していた頃の私はもういない―知夏を慕う緋剣の伊織は異形に。都は悪鬼の巣窟に。次々と知夏の手のひらからこぼれ落ちる大切なもの。だけど、死を覚悟した彼女の前に現れたのは意外な人物で!?神世から続く悲しい連鎖を断ち切るために、知夏は緋剣たちとともに神を相手に立ち向かう!「すべての想いが繋がって、この瞬間へと導いてくれた」舞台は神と人との対決へ。大人気シリーズ、堂々完結!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 花神遊戯伝10 ちとせに遊べ、この花世界

亜夜子と時計塔のガーディアン2 約束のチョコレート

『亜夜子と時計塔のガーディアン 約束のチョコレート』(喜多みどり著/角川ビーンズ文庫)★★★☆☆

亜夜子と時計塔のガーディアン 約束のチョコレート (角川ビーンズ文庫)
亜夜子と時計塔のガーディアン 約束のチョコレート (角川ビーンズ文庫)

19世紀末イギリスを舞台にしたミステリーなのですが、残念ながら2巻で完結。
設定もキャラクターもストーリーもとても好きだっただけに、かなりショックです。
1巻での伏線も拾いきれたとはいえず・・・・・・。
悲しいですが、喜多みどりさんにはこれからも頑張って欲しいです。次回作を楽しみに待っています。

☆あらすじ☆
19世紀末。憧れの英国へ留学した桜桃院亜夜子は、ひょんなことから鋭い美貌を持つ青年紳士レイと主従契約を結び、彼の下僕として連日連夜振り回されることに。ある日、ロンドンの街で凶悪な“切り裂きジャック”による連続殺人事件が発生し、容疑者としてレイの親友、シーモアが逮捕されてしまう!彼の濡れ衣を晴らすため、事件解決に乗り出す2人だが!?超変人監督生と大和撫子―凸凹コンビの英国事件譚、第2弾!!

以下、ネタバレありの感想です。
続きを読む 亜夜子と時計塔のガーディアン2 約束のチョコレート

断末のミレニヲン1 君を連れてあの楽園まで

『断末のミレニヲンⅠ 君を連れてあの楽園まで』(十文字青著/角川スニーカー文庫)★★★★☆

断末のミレニヲン (1) 君を連れてあの楽園まで (角川スニーカー文庫)
断末のミレニヲン (1) 君を連れてあの楽園まで (角川スニーカー文庫)

映画「バイオハザード」は一応全部観てますが、ゾンビものはあまり好きじゃなかったりします。グロいし、そんなモノに囓られるというのがもう嫌すぎる。しかもゾンビに囓られるとゾンビになるんですよ。もうほんと勘弁して(´;ω;`)ってなります。
そんなわけで、待望の十文字青最新シリーズがゾンビファンタジーだと聞いたときは、何とも言えない気持ちになりました。だって絶対怖い!十文字青印の絶望感が絶対凄い!
だけど十文字青作品の絶望感って、ひいいぃぃって呻きながらも思わず読んでしまう中毒性があるんですよね。それが期待できそうな新作なら、もう読むしかない(泣
ただね、読むにしても時間帯を選べば良かったなってすごく思いました。
どうして私はこの本を夜中に読んでしまったんだ(꒪ཫ꒪; )
夢でゾンビが・・・・・・ゾンビが追ってくる・・・・・・ゾンビに囓られる・・・・・・
読んでるときも読み終わっても怖い思いをしてしまったんですが、とても複雑なことにコレがめちゃくちゃ面白い!!
1巻は主人公アトルをメインとする何もわからない状態での逃走劇と並行して、彼の同行者たちにスポットが当てられていく群像劇的な一面もある話でした。キャラそれぞれのエピソードがとても面白かったです(死亡フラグにしか思えませんでしたけど!)
しかし、これどうなっていくんでしょう。先が読めなさすぎて怖い。というかゾンビが怖すぎて泣きたい。比喩でなく、夢に出るくらい怖かったです。

☆あらすじ☆
アトルは剣の王国の勇将・父ハラルに従って兄達と共に馬の王国へと赴き、その帰り道で“異変”に遭遇する。野営の最中、まるで伝え聞く屍霊のような者達に襲われたのだ!人々は恐れ、混乱し、屍霊達が全てをのみこんでゆく。そしてアトル達の運命までも…。『薔薇のマリア』執筆の十文字青と『オーバーロード』イラストを手掛けたso‐binの二人が贈る、過激で残虐で濃密で暗黒系な屍霊幻想一大叙事詩ここに開幕!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 断末のミレニヲン1 君を連れてあの楽園まで