吸血鬼になったキミは永遠の愛をはじめる3

『吸血鬼になったキミは永遠の愛をはじめる3』(野村美月著/ファミ通文庫)★★★★★

吸血鬼になったキミは永遠の愛をはじめる(3) (ファミ通文庫)
吸血鬼になったキミは永遠の愛をはじめる(3) (ファミ通文庫)

ああもう最高すぎます!!!
2巻の予告から読むのを楽しみにしていた今回の演目・「とりかえばや」
中学時代に図書館で氷室冴子さんの「ざ・ちぇんじ!」(集英社コバルト文庫)を読んで少女小説の面白さに感動し、その後オリジナルの生々しさを知って衝撃を受け、最近ではさいとうちほさんの「とりかえ・ばや」(小学館フラワーコミックスα)の耽美さに頭がクラクラしたという、私にはちょっと思い入れのある物語だったりします。
そんな「とりかえばや」を野村美月さんがどうライトノベルとして仕上げるのか、高校生の演劇としてどうやって成り立たせるのか、読む前からとてもワクワクしていました。
私の期待は裏切られなかった!むしろ期待を上回る素晴らしさでした!!
色香が漂う妖艶な「とりかえばや」の物語を、青くさい高校生が主人公である吸血鬼シリーズの世界に再現し、再構成し、素晴らしい青春小説へと作りあげるその手腕に脱帽です。

脆く儚い人の心。そこに永遠はあるのでしょうか。
問いかけに対して詩也が出した答えと、渾身の想いをこめた舞台に鳥肌が立ちました。この感動は1巻を読んだときに劣りません。いや上回ったかも。
そして切ない・・・・・・っ!もどかしい!
野村美月先生の作品はどれを読んでも心をしめつけるような感覚を与えてくれますね。素晴らしい作家さんです。
なので、お願いですから、ご自愛ください。ほんとにお願いします(´;ω;`)

☆あらすじ☆
「お前はわたしを愛することになる」そんな雫の言葉に動揺し、綾音との距離感にも戸惑う詩也。一方、演劇部では次の劇の準備が始まるが―次の文化祭公演は、何と四つある演劇部が合同でひとつの劇を上演するのだという!いち子の脚本・演出で、演目は『とりかえばや』。綺羅星のごとく集った各チームのトップの間で、宰相中将役の詩也は奮闘することに。だが稽古を進める内に、詩也の胸に、ある人物が吸血鬼ではないかという疑いが芽生え…。演劇×吸血鬼のドラマティック青春ノベル、第3弾!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 吸血鬼になったキミは永遠の愛をはじめる3

デスマーチからはじまる異世界狂想曲1

『デスマーチからはじまる異世界狂想曲』(愛七ひろ著/富士見書房)★★★☆☆

デスマーチからはじまる異世界狂想曲 (単行本)
デスマーチからはじまる異世界狂想曲 (単行本)

「小説化になろう」からの書籍化作品。
タイトルのデスマーチとは、Wikipedia先生によれば、長時間の残業や徹夜・休日出勤の常態化といった、プロジェクトメンバーに極端な負荷・過重労働を強い、通常の勤務状態では成功する可能性がとても低いプロジェクト、およびこれに参加させられている状況を主に指す、なのだそうです。
ゲームのプログラマーがゲーム的能力を備えて異世界へっていう設定は面白かったです。
ただ、この巻はプロローグ(というかチュートリアル?)だからかもしれませんが、かなりイージーモードなのは気になりました。展開そのものも、起伏に欠けるわけではないのですが、少しダラダラと進む部分もありますし。
もっともWEB小説の大半はスロースターターですし(注・私見)、この作品も次巻以降もっと面白くなるのではないかと期待させる雰囲気はありました。

☆あらすじ☆
デスマーチ真っただ中のプログラマー、“サトゥー”こと鈴木一郎(29)。仮眠を取っていたはずの彼は、気がつけば見たこともない異世界に放り出されていた!混乱する間もなく、目の前には見たこともない化物の大群が迫っており、空からは流星雨が降り注ぎ―そして気がつけば、最強レベルの力と莫大な富が手に入ってきて…!?こうして、サトゥーの「ほのぼの、時々シリアス、そしてハーレム」な異世界冒険譚がはじまる!!

以下、ネタバレありの感想です。
続きを読む デスマーチからはじまる異世界狂想曲1