筺底のエルピス ー絶滅前線ー

『筺底のエルピス ー絶滅前線ー』(オキシタケヒコ著/小学館ガガガ文庫)★★★★☆

筺底のエルピス (ガガガ文庫)
筺底のエルピス (ガガガ文庫)

とても面白かったです!ものすごく私好み!
異能バトル+伝奇譚+SFってとこでしょうか。それらの要素がうまく噛み合って壮大な物語が組み上げられていました。
「鬼」という異次元のプログラム。これに感染してしまった人間は同族殺しを唆され、強烈な殺意をもって残虐な人殺しと化してしまいます。
主人公は、この鬼を封じ、滅ぼすことを生業にする《門部》の封伐員である青年と少女。ダブル主人公なのかな?男女の相棒ものというだけでもストライクです。
ちなみに表紙で座り込んでる男性は22歳です。一瞬おじさんに見えますけど22歳です。口絵は若かったのに何で!立ってる女の子は16歳女子高生です。
専門用語は多いしSF要素も強いのですが、ストーリーは分かりやすく複雑な設定にもかかわらずとても読みやすかったです。作中における説明のタイミングが絶妙でした。
そしてサブタイトルの「絶滅前線」。これの本当の意味はあまりにも過酷なものだったりするのですが、ちょっと希望が見えたりもするこのバランス感覚が憎い。
ぜひ続きを出して欲しい新作でした。

☆あらすじ☆
人類の存亡をかけた影なる戦い。
殺戮因果連鎖憑依体――古来より『鬼』や『悪魔』と呼ばれてきたその存在は、感染する殺意であり、次元の裏側から送り込まれた人類絶滅のプログラム。日本の暗部である《門部》は、不可視の存在を網膜に投影する改造眼球『天眼』と、時を止める超常の柩『停時フィールド』を武器とし、そのプログラムを追い立て、狩り、そして葬り続けてきた鬼狩りの組織だ。
時は現代。百刈圭(ももかり・けい)と、乾叶(いぬい・かなえ)――心に傷を抱えて戦う二人が遭遇したのは、歴史上、たった六体しか確認されていない《白鬼》だった。叶の親友に憑依したその鬼を巡って組織が揺れる中、黒ずくめの刺客《ゲオルギウス会》が動き始める。それは日本を守護する《門部》と同じように、ヨーロッパで連綿と戦い続けてきたもうひとつの鬼狩りの組織――バチカンの狩人たちだった。
《白鬼》とは何か。二つの組織の衝突はいかなる戦いを引き起こすのか。そして、滅亡を防ぐ希望はあるのか。
人類の存亡をかけて戦う、影なる戦士たちの一大叙事詩が、いま語られる。
気鋭・オキシタケヒコが描く異能バトルアクションシリーズ。イラストは各方面で活躍中のtoi8が担当。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 筺底のエルピス ー絶滅前線ー

あくまで悪魔!1 おまえには漆黒の花嫁衣装がよく似合う

『あくまで悪魔! おまえには漆黒の花嫁衣装がよく似合う』(我鳥彩子著/集英社コバルト文庫)★★★☆☆

あくまで悪魔! ~おまえには漆黒の花嫁衣装がよく似合う~ 集英社コバルト文庫
あくまで悪魔! ~おまえには漆黒の花嫁衣装がよく似合う~ 集英社コバルト文庫

前作「贅沢な身の上」の主人公の愛読書がほんとに本になりました!という異色作。
贅沢は途中までは読んでたんですが・・・・・・。
それはともかく、本作の内容は嫁入り途中に悪魔の花嫁として攫われてしまった不運ヒロインが主人公のラブコメ。
来世のために善行積み立てをするって何なんだww
悪魔ヒーローの事情に少しシリアスが入っているものの、全体的には軽く笑って楽しめるお話でした。

☆あらすじ☆
「不運な家系」で有名な家に生まれたディオナ。今生での幸せは諦め、来世のための善行積立が趣味という風変わりな美少女である。17歳のある日、貧乏貴族のお決まりで借金の形に政略結婚することになるが、奇妙な三人組が現れ、見知らぬ世界に連れ去られてしまう!彼女を待っていたのは、眩しいほどに美しい青年ナハト。彼は自分を魔界の王子だと言い、ディオナを「花嫁にする」と宣言して…!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む あくまで悪魔!1 おまえには漆黒の花嫁衣装がよく似合う