始まらない終末戦争と終わってる私らの青春活劇


『始まらない終末戦争と終わってる私らの青春活劇』(王雀孫著/集英社ダッシュエックス文庫)★★★☆☆

始まらない終末戦争と終わってる私らの青春活劇 (ダッシュエックス文庫)
始まらない終末戦争と終わってる私らの青春活劇 (ダッシュエックス文庫)

はまちが好きなら読まなきゃ損的な話をTwitterがどこかで見かけた気がしたので(うろ覚え)読んでみました。
あとがきによると、「結局どんな話なの?」という感覚を愉しむ作品だそうです。
1巻は序章ですから〜、的なことを私はよく感想記事で書くんですが、そういうレベルじゃなかったです。
煙に巻かれてしまった感がすごい。そしてそれがあまり不快じゃないから不思議です。
語り口はメタ満載ながら軽快で読みやすく、途中吹き出しながらすいすいと1冊読み切ってしまいました。
そして読み終わって思うんですよ。この本は何だったんだろう?、って。

☆あらすじ☆
「友ゼロ」と妹の鞠弥に指摘される、自称普通の高校生・有田雁弥は役のホームで自分の人格を《換装式人格》と称し会う度に入れ替える、厨二病全開の痛々しい先輩・新田菊華と出会ってしまう。どういう訳か気に入られてしまった雁弥は、昨年度で潰れていた菊華が部長を務める旧演劇部の手伝いをやらされることになる。
旧演劇部の面々は新たに「喜劇部」と称し、生徒会に隠れながら裏で活動をしているようなのだが、雁弥が手伝わされることは意味不明のことばかりで、何故自分が喜劇物に必要なのかが分からなかった。
そんな折、菊華から壮大な人類の歴史と《終末戦争》について聞かされることになる――。

以下、ネタバレ(?)ありの感想です。

 

ネタバレも何もあらすじが全てじゃないですかー。

主人公有田雁弥が厨二病全開の旧演劇部部長・新田菊華と出会い、彼女や旧演劇部のメンバーに振り回されながら、新しく立ち上げる「喜劇部」の脚本担当として名乗りをあげる、っていう話です。これで全部。

 

冒頭がやけにシナリオ的だと思ったんですが(暗転とか)、この巻で読んでいたのは後に雁弥が書いた喜劇の脚本という設定ってことでいいのでしょうか。
幕間を読む感じ、喜劇部のライブのために菊華とふたりで脚本作ってますしね。

 

そんな雁弥の脚本っぽい作りの第1巻。雁弥が菊華や他の女の子たちと楽しく過ごしたり、菊華の無駄に壮大な設定を聞くだけで1冊が終わってしまいました。
雁弥視点の地の文のテンションとか、菊華のエキセントリックすぎるキャラとかで、飽きることはなかったんですけどね。ほんとすいすいと読めました。
あと、メタ満載ですけど微妙に古いネタも多かったですねw
じもってぃって今でも通じるの?

 

菊華の痛々しい言動は「設定」なのか「真実」なのか?という不思議な感覚を与えてくるところは嫌いじゃなかったです。
果たして伏線になるのか、それともやっぱりただの痛い人だったのか。

 

読んでるときはとても楽しかったですが、いざ感想となると書くことがないなぁ(;・∀・)
どんな話だった?と聞かれると困るけれど、実際に読んでみれば楽しいタイプの作品でした。
そういえばこのシリーズの略称って、「おわライブ」と「ラグライブ」っていうのは目にしたんですけど、結局どっちになったんだろう?
遅筆の方らしいですが、2巻はいつになるんでしょうね。のんびり待とうと思います。

始まらない終末戦争と終わってる私らの青春活劇 (ダッシュエックス文庫)始まらない終末戦争と終わってる私らの青春活劇 (ダッシュエックス文庫)
王雀孫,えれっと集英社
売り上げランキング : 721Amazonで詳しく見る
スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。