魔術学院の恋愛事情


『魔術学院の恋愛事情』(香月航著/一迅社文庫アイリス)★★★☆☆

魔術学院の恋愛事情 (一迅社文庫アイリス)
魔術学院の恋愛事情 (一迅社文庫アイリス)

「小説家になろう」からの書籍化作品。WEB版は未読でしたが収録内容以降の話が読みたくて読了後に閲覧してみました。結構カット多いんですね(主人公以外の視点で語られるサイドストーリーはほぼカットでした)。

体質目当ての美形先輩に言い寄られる女の子の物語です。
天然わんこ系ヒーローと、良い子なんだけど押しに弱いな!?とツッコミたくなるヒロイン。このふたりが追いかけっこする話だと思っていたんですが(あらすじ参照)、途中からバカップル爆ぜろとしか考えられなくなるような状況に。
最近読んだ中でトップクラスに入るくらい甘かったぁ・・・・・・(((゜Д゜;)砂糖を煮詰めて固めた物体に生クリームをデコったような糖度でした。
甘すぎると胸焼けするんだって思い出しましたよ。面白かったですけどねw

☆あらすじ☆
「メリル・フォースター、俺の子供を産んでくれ」魔術学院に通う、いたって平凡な少女メリル。ある日の放課後、彼女は突然名門貴族の美青年ギルベルトに押し倒されてしまって大混乱。しかも彼が迫ってきたのは、メリルの珍しい「体質」を手に入れるためで―!?家柄にも無駄な美貌にも興味はないし、好きでもない相手に体目的で迫ってくる最低男なんて、お断りです!逃げる少女と恋に不器用な青年の学院ラブコメディ。

以下、ネタバレありの感想です。

 

「俺の子供を産んでくれ」と初対面の先輩・ギルベルトに押し倒されながら言われてしまったメリル
メリルは特殊な体質の持ち主であり、ギルベルトと交われば彼の魔術師としての力を大幅に底上げできるし、彼との間に生まれた子供はたぐいまれな素質を持っていることが予言されていたり。そういう事情があるためにギルベルトはメリルに迫って冒頭に至る、という感じで物語が始まります。

 

天狗が出てくる某少女漫画を思い出しました。あれもそうでしたが、こういう設定のときの「好きとか言っててもどうせ目当ては体(能力)だけなんでしょ!」ってところから気持ちがすれ違う展開がすごく好きだったりします。
好意を寄せられても素直に受け取れないって悩むヒロインが可愛いし、好意をちゃんと受け取ってもらえないで落ち込むヒーローもまた可愛いんですよねぇ。

 

本作も前半はそんな感じ。
最初に提示された「口説く理由」が衝撃的すぎて臨戦態勢にあるものの、ちょっとずつギルベルトに惹かれていくメリルが可愛かったです。
肝心のギルベルトは、だいぶあっさりわんこ系のへたれになってしまいましたけど。冒頭の恋愛上級者っぽい雰囲気はどこへww

そういう、逃げるメリルと追うギルベルトっていう構図が好きだったんですけどねぇ。前半だけでした。ちょっと残念。

 

後半は恋人同士になったメリルとギルベルトがひたすらいちゃいちゃする話でした。
メインは魔術学院の演習試験のはずなんですけどね。ほんとずっといちゃいちゃしてた・・・・・・閉じ込められてもいちゃいちゃして時間つぶそうとするとか。バカップルめ!
恋人tueeeな無双状態になってしまって誰も止められないからいけないんですよね。最後のアレは天罰だったのかもしれません(人災ですけど)

 

バカップルが砂糖をふりまく糖分過多ラブコメでしたが、前半の流れをもう少し引っ張るか、もうちょっとメリルとギルベルトの身分差への葛藤とかがあった方が私は好きだったかもしれません。
メリルがギルベルトの「結婚しよう」っていう言葉に対し、「貴方に囲われることはできても、私では結婚できないから。嬉しかったです」って笑いかけるシーンの切ない空気とかすごく良かったので。
身分差婚関連の話はもっと詰めてほしかったです。

 

結婚話も含め、細かい部分に少し物足りなさというか説明不足を感じた本作。気になってWEB版を読んでみて、それでようやくお腹いっぱい満足しました。

「魔術学院の恋愛事情」(小説家になろうへのリンク)

WEB版の方では本編を補完する形でSIDEという小編が挿入されています。ギルベルトやサブキャラ視点のサイドストーリーで、ギルベルトの苦悩とかバカップルに対する周囲の反応とかが読めて面白かったです。
また、書籍版ではギルベルトが学院に卒業後も残るよというところで終わっていましたが、WEB版ではその先の展開まで読むことができました。合い鍵とか。初めてのアレとか。書籍版もだいぶ甘かったんですが、糖度ってどこまでも上げられるものなんですねw

そして何より私が気になっていた身分差による結婚問題。
前半で大きく問題視していたはずなのにうやむやにして終わってしまったことが残念だったんですけど、WEB版ではその答えがわかるエピローグが掲載されていました。
さらにその裏話については今まさに連載中(2014年12月現在)。メリルの親友・モニカ視点のサイドストーリーです。モニカの正体は意外。ちょっとご都合主義すぎる展開ともいえますが、気になるので続きの更新が楽しみです。

 

いろいろ書きましたが書籍版単体でも楽しめる良いラブコメでした。
WEB版の全てを書籍化するのではなく、サイドストーリーをまとめてカットしたのは良い判断だったと思います(サイドストーリーがあった方が面白いですけど、1本の小説としては少し読みづらく感じそうですし)
書籍版を読まれた方はぜひWEB版ものぞいてみると幸せになれると思います(`・ω・´)ノ

魔術学院の恋愛事情 (一迅社文庫アイリス)魔術学院の恋愛事情 (一迅社文庫アイリス)
香月 航一迅社
売り上げランキング : 1197Amazonで詳しく見る
スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。