仮面伯爵とお嬢様 駆け落ち相手はストーカー!?


『仮面伯爵とお嬢様 駆け落ち相手はストーカー!?』(中咲きつか著/一迅社文庫アイリス)★★★☆☆

仮面伯爵とお嬢様―駆け落ち相手はストーカー!? (一迅社文庫アイリス)
仮面伯爵とお嬢様―駆け落ち相手はストーカー!? (一迅社文庫アイリス)

第二回New-Generationアイリス少女小説大賞銀賞受賞作。
ストーカーは犯罪です。なラブコメ。
観察日記が趣味で盲目的にヒロインを追っかける伯爵と、そんな「気持ち悪い!」彼から逃げるため幻滅してもらおうと奮闘する商家のお嬢様の物語です。
うーんやはりイケメン無罪なのか。ちょっとヒロインのキャラに勢いがつきすぎた感じがありますが、変態子犬系なヒーローは可愛かったです。
全体的には読みやすくテンポも良い作品でした。ふふっと笑ったりできる場面も多く、楽しく読み終わりました。
個人的にはねぎしきょうこさんの描く、「ふへへっ」って感じで笑ってる変態全開の仮面伯爵のイラストを見るだけでも買う価値があったのではないかと思っていますw

☆あらすじ☆
商家の娘アンネリーゼは窮地に陥っていた。というのも、わけあって企てた嘘の駆け落ちのはずが、相手役の伯爵クリストハルトが本気だったから!ただでさえ仮面を被った変わり者なのに、昔からアンネリーゼを想い続けて尾行を繰り返し、「愛の観察日記をつけています」と誇らしげ。…って、ドン引きなんですけど!!なぜか周囲は彼の味方のため、アンネリーゼは彼の究極の愛に孤軍奮闘することになって!?駆け引きなんて通用しない!ネオ執着系ラブコメ!!

以下、ネタバレありの感想です。

 

主人公アンネリーゼは、親の負債の肩代わりをしてもらった貴族に嫁がされることになり、それを嫌がって男友達である王太子ディートフリートに相談をもちかけます。
そうして紹介された相手が仮面伯爵という悪名を持つ貴族・クリストハルト。そのままなし崩し的に駆け落ちを強行され、その途中で実は彼がアンネリーゼの思い出の王子様であることを知ります。
しかし感動したのも束の間。
最初の出会いから10年にわたる愛の観察日記を見せつけられ、ドン引きするアンネリーゼ。
実は結婚騒動自体もクリストハルトがロマンチックな再会を果たすために仕組んだ狂言だということがわかり、アンネリーゼはなんとかしてこの気持ち悪い変態から逃げるために彼に幻滅してもらおうと奮闘することになるのだが・・・・・・というのが大まかなストーリーでした。

 

ス ト ー カ ー は 犯 罪 で す。
大事なことなので2回書きました(本記事冒頭)。

 

まぁでもこれはフィクションですから。しかも少女小説ですから。
超ドン引きでしたけどね!!!w

外での行動はともかく(いやだめだけど!)、入浴時間はないわー。さすがにキモイわー。と呆れてしまいましたw
何でも愛の一言で許されると思うなよ!

そんな読者の気持ちを代弁するかのごとく、主人公アンネリーゼは(弱冠ほだされつつも)かなり厳しくクリストハルトに対応していきます。
ほんとに厳しかったです。
ちょっとこのヒロイン性格きつすぎないだろうか・・・言い過ぎじゃないかな・・・・・・と不安になるほど。まぁ、本人もしばしば反省しているんですけどね。

 

物語としては、つきまとうクリストハルトと逃げるアンネリーゼ、そんな2人を狙う陰謀、という構成で進んでいきます。
アンネリーゼは話が進むごとにアクセル全開でどんどん勢いづいていくんですが、それに比例するようにクリストハルトはおとなしくなっていきます。割と序盤からわんこでした。
まぁアンネリーゼと相乗してクリストハルトも暴走したら話の収拾がつかなくなるから仕方ないのかもしれませんね。変態ヒーロー好きとしては少し残念でしたがw

 

アンネリーゼの暴走気味の毒舌については好みが分かれそうです。犬が云々に関してはお前が言うのか?と思わなくもなかったですし。
あと、終盤の展開にもう少しひねりが欲しかった気がします。

 

一応はこれで完結かな。次回作にも期待してます。

仮面伯爵とお嬢様―駆け落ち相手はストーカー!? (一迅社文庫アイリス)仮面伯爵とお嬢様―駆け落ち相手はストーカー!? (一迅社文庫アイリス)
中咲 きつか一迅社
売り上げランキング : 2788Amazonで詳しく見る
スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。