仮面伯爵とお嬢様 駆け落ち相手はストーカー!?

『仮面伯爵とお嬢様 駆け落ち相手はストーカー!?』(中咲きつか著/一迅社文庫アイリス)★★★☆☆

仮面伯爵とお嬢様―駆け落ち相手はストーカー!? (一迅社文庫アイリス)
仮面伯爵とお嬢様―駆け落ち相手はストーカー!? (一迅社文庫アイリス)

第二回New-Generationアイリス少女小説大賞銀賞受賞作。
ストーカーは犯罪です。なラブコメ。
観察日記が趣味で盲目的にヒロインを追っかける伯爵と、そんな「気持ち悪い!」彼から逃げるため幻滅してもらおうと奮闘する商家のお嬢様の物語です。
うーんやはりイケメン無罪なのか。ちょっとヒロインのキャラに勢いがつきすぎた感じがありますが、変態子犬系なヒーローは可愛かったです。
全体的には読みやすくテンポも良い作品でした。ふふっと笑ったりできる場面も多く、楽しく読み終わりました。
個人的にはねぎしきょうこさんの描く、「ふへへっ」って感じで笑ってる変態全開の仮面伯爵のイラストを見るだけでも買う価値があったのではないかと思っていますw

☆あらすじ☆
商家の娘アンネリーゼは窮地に陥っていた。というのも、わけあって企てた嘘の駆け落ちのはずが、相手役の伯爵クリストハルトが本気だったから!ただでさえ仮面を被った変わり者なのに、昔からアンネリーゼを想い続けて尾行を繰り返し、「愛の観察日記をつけています」と誇らしげ。…って、ドン引きなんですけど!!なぜか周囲は彼の味方のため、アンネリーゼは彼の究極の愛に孤軍奮闘することになって!?駆け引きなんて通用しない!ネオ執着系ラブコメ!!

以下、ネタバレありの感想です。
続きを読む 仮面伯爵とお嬢様 駆け落ち相手はストーカー!?

ブラッディ・ウェポンズ1

『ブラッディ・ウェポンズ』(築地俊彦著/集英社ダッシュエックス文庫)★★★☆☆

ブラッディ・ウェポンズ (ダッシュエックス文庫)
ブラッディ・ウェポンズ (ダッシュエックス文庫)

ライトノベルでは珍しいジャンルになる(?)マフィアもの。
武器商人の息子である主人公が、親が世界中にばらまいた武器を回収する物語。シビアな世界観で甘ちゃん過ぎる主人公が理想を掲げる話です。
あとがきで海外ドラマを意識したとあるのですが、確かにそんな感じ。陰惨な部分があるのに、からっとしたユーモアで湿っぽい空気を吹き飛ばそうとするような雰囲気があります。
最近の、ファンタジーとラブコメが多勢を占めるライトノベルの中ではかなり異色かもしれませんね。
剣と魔法ではなくナイフと銃が活躍し、裏切ったり嵌めたり出し抜いたりが横行する。そんな感じの作品でした。
結構好みだったので続きが楽しみです。

☆あらすじ☆
世界中に殺人兵器をばらまいた親が死んだ後、信崎流壱に残ったのは、莫大な遺産と世界中に散らばる武器流通のコネクションだった。目の前で人が死ぬのが当たり前の環境で育った流壱は、高校生ながらも親が売り払った武器の回収を目的として生きることを決意。命を狙われることもしばしばだが、信頼できるとぼけた凄腕ハッカーや歴戦の修羅場をくぐり抜けた女殺し屋たちとの”仲間の絆”を信条に、自分の通う学校を買収したり、日本政府やロシアンマフィアを敵にまわしたり、つねに破滅と隣り合わせの裏社会にその身を投じていく――。ユカイでアブナイ仲間たちが世界に火薬をまき散らす、ギャングスタ・ソリッドアクション開幕!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ブラッディ・ウェポンズ1