対魔導学園35試験小隊9 異端同盟


『対魔導学園35試験小隊 9.異端同盟』(柳実冬貴著/富士見ファンタジア文庫)★★★★☆

対魔導学園35試験小隊 (9) 異端同盟 (富士見ファンタジア文庫)
対魔導学園35試験小隊 (9) 異端同盟 (富士見ファンタジア文庫)

前巻の感想はこちらから
対魔導学園35試験小隊8 白銀争乱 | 晴れたら読書を

キセキちゃんがんばるの巻(あとがき談)。
確かにがんばってはいましたけど!そっちじゃない!!
分かってはいたけど、この作者様のドSっぷりよ。
このシリーズ、どこまでサディスティックに展開していくつもりなんですか・・・・・・
今回の話もいつにも増して重かったですが、今後さらにひどくなっていく予感がしてならない(´・ω・`)

☆あらすじ☆
残存する魔力の脅威を取り締まる『異端審問官』の育成機関、通称『対魔導学園』には、劣等生の寄せ集め部隊『第35試験小隊』が存在する。エグゼの追撃を退けたタケルたちは、反体制派の本拠地に到着。そこで世界の秘密を目のあたりにする。真実に触れ『異端審問会』『幻想教団』双方への反攻の意志を新たにするタケルたちに、流はひとつの作戦を授ける。それは、アルケミスト第一研究施設への突入作戦だった。タケルは、そこに囚われているキセキの奪還に、そしてカナリアはアルケミストCEO・杉波朱雀への復讐に燃えるが―反撃に咆え哮ける学園アクションファンタジー!!

以下、ネタバレありの感想です。

 

流率いる異端同盟に合流したタケルたち。
そこにいた他組織のはみ出し者たちと同盟を結び、それぞれの大事な人を助け出すためにアルケミストの第一研究所に襲撃をかける、というのが今回の話でした。

雑魚小隊にとってはなんとしても成功させなければならないキセキ救出作戦。
そう簡単にはいかないだろうなぁと思ってましたが、蓋を開けてみると最悪の状況になってしまいましたね・・・・・・。
それもこれもホーンテッドがぶれなさすぎるせいで!

 

ホーンテッドが背中を押したことによって、「百鬼夜行」として覚醒してしまったキセキ。
兄に殺されるために兄の大事な人間を全部殺す。
自分を殺した後に、ちゃんと兄も死んでくれるように世界中の人間も全部殺す。

ヤ ン デ レ 爆 誕。

これも全て鳳颯月の思惑通りのようですが・・・・・・。キセキがこのシリーズのラスボスになっちゃったのかな。
キセキを救おうとするタケルのエゴに対してキセキのエゴが答えとして出されたわけですが、絶望するタケルが可哀想すぎました。彼はただ妹を救おうとしただけなのになぁ。

 

一方で、タケルハーレムにも答えが出そう?
やっぱりメインヒロインは桜花なのでしょうね。彼女のヒロイン力は巻を重ねるごとに高まってる気がします。
戦場で(ラピスを除いて)タケルの相棒となりうるのは彼女だけですし、なんていったってラストシーンがすごく素敵でしたから!
絶望するタケルを後ろから抱きしめる桜花。なぜここに挿絵がない!?
まぁ、答えが出るまでは全てのヒロインズをキープ状態というアレなことになってるんですけどねー。みんな割とハッキリ想いを告げてるのにことごとく返答をはぐらかす主人公である。

 

再会してからずっと揉めていた斑鳩とカナリアの問題も今回で解消できたようですね。
京夜の問題もこのシリーズ比で救いのある着地を決めましたし。まぁオリジナルはすでに死んでいるから、完全無欠にハッピーじゃないのがこのシリーズらしいですけど。

 

敵方も出そろってきました。
杉並朱雀はどうにかなりそうだし、残りは颯月とマザーグース?
冒頭で世界観の話が出てきましたが、神話世界の話はこれから本筋にどんどん絡んでくるんでしょうねぇ。
スケールがどんどん大きくなっていきますね!

 

ラピスとの契約で記憶消去の危険性が出たときには、なんとなくこのシリーズのオチはそちらに持ってくるのかと思ったんですが・・・・・・大丈夫、そう?
次巻もとても楽しみです!!

対魔導学園35試験小隊 (9) 異端同盟 (富士見ファンタジア文庫)対魔導学園35試験小隊 (9) 異端同盟 (富士見ファンタジア文庫)
柳実 冬貴,切符KADOKAWA/富士見書房 2014-12-20
売り上げランキング : 250Amazonで詳しく見る
スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。