棺姫のチャイカ11

『棺姫のチャイカⅪ』(榊一郎著/富士見ファンタジア文庫)★★★★☆

棺姫のチャイカ (11) (富士見ファンタジア文庫)
棺姫のチャイカ (11) (富士見ファンタジア文庫)

前巻の感想はこちらから
棺姫のチャイカ10 : みかこの読書日記

棺担ぐ姫チャイカの物語、完結です。
結末にはいろいろ思うところがあるのですが、とりあえず最後の最後で大事な言葉を誤字するとはどういうことなんですかぁー(´;ω;`)
本編は完結ですが、あと1冊出るそうです。後日談だといいな。

☆あらすじ☆
神を討ち滅ぼした“禁断皇帝”アルトゥール・ガズ。彼の次なる行動はシン、トール、ジレットに世界の三分の一を統べる王という『役目』を与えるというものだった。三つの勢力による未来永劫の戦争状態。世界を、再び戦乱の渦中へと戻す提案に対し、乱破師と騎士それぞれの応えは…。生きる目的、自分という役割、存在の理由。『棺担ぐ姫』と『従者の少年』。二人の旅路の終着点はもうすぐ―。壮大なる『チャイカ』サーガ、ついに完結!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 棺姫のチャイカ11

狂伯爵と買われた花嫁3 不器用な蜜月

『狂伯爵と買われた花嫁3 不器用な蜜月』(梨沙著/一迅社文庫アイリス)★★★★☆

狂伯爵と買われた花嫁: 3 不器用な蜜月 (一迅社文庫アイリス)
狂伯爵と買われた花嫁: 3 不器用な蜜月 (一迅社文庫アイリス)

前巻の感想はこちらから
狂伯爵と買われた花嫁2 新婚旅行にご用心! | 晴れたら読書を

次巻完結だそうです。テンポや長さ的にみればちょうど良いですね。
最近気に入ったばかりのシリーズなので完結してしまうのは残念ですが。
今回も前回に引き続いて皇都です。そして舞踏会!
子犬化が止まらない旦那様もだいぶ色々学習して成長してきています。リリアンもそろそろクリストファーを異性として意識してきたかな?
ジェラルドの過去が明らかになったり、舞踏会で大事件に巻き込まれたりと今回も忙しい内容でしたが、さてここからどうやって話をまとめていくのだろう・・・・・・?

☆あらすじ☆
「舞踏会へ行こう!」え?私、ダンスなんて踊れません!断ろうとしたけれど、積極的な旦那様に押し切られ舞踏会に行くことになった新妻の私。華やかな舞台で待っていたのは、魅惑の貴公子との出会いと危険な恋の罠?しかも、なんだか最近、旦那様のスキンシップが過剰で…!?剥製作りが趣味の美貌の青年伯爵クリストファーと、彼に一目惚れされ“素材”として購入された花嫁リリアンの“死”からはじまるラブファンタジー第3弾。王宮舞踏会編登場!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 狂伯爵と買われた花嫁3 不器用な蜜月