レイカ 警視庁刑事部捜査零課

『レイカ 警視庁刑事部捜査零課』(樹のえる著/メディアワークス文庫)★★★☆☆

レイカ 警視庁刑事部捜査零課 (メディアワークス文庫)
レイカ 警視庁刑事部捜査零課 (メディアワークス文庫)

そういえば今月2巻が出るんだった!と慌てて積んでた1巻を読みました。
異能要素のある刑事モノです。
デスマスクコピー機な美人女刑事と、死体探知機の新米刑事のコンビが3つの事件の真相を追うという連作短編。美人なのに怖すぎるレイカ。犯罪に対することなら全方位に容赦ないという感じは、「アンフェア」の雪平刑事を思い出しました。お付きの大和君がもうちょっと頼りがいがあれば良かったんですけどね。
異能要素はあるものの、割と普通に刑事モノです。最後の事件なんかは哀しすぎて鬱になりそうでしたが。しかしこれ、もし2巻が出なかったらかなり中途半端な形で終わってたんですね(´・ω・`;)

☆あらすじ☆
警視庁刑事部に配属となった若き刑事、大和。彼が足を踏み入れたのは刑事部捜査零課。そこは、組織から弾かれた刑事が集められた部署。デスクに置いた盆栽に語りかける昼行灯の羽佐間警部、ソファでくつろぎながらスマホゲームに熱中する春日警部補。個性的な刑事たちの中でも、音無レイカは驚くべき能力をもつ女性刑事だった―。心に深い傷を負った美しき女刑事レイカと、正義感あふれる大和刑事。陰惨で哀しい殺人事件に遭遇する彼らが、凶悪な犯人を追いつめていく。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む レイカ 警視庁刑事部捜査零課