なりゆき斎王の入内3 この恋路、乱れがはしき


『なりゆき斎王の入内 〜この恋路、乱れがはしき〜』(小田菜摘著/ビーズログ文庫)★★★☆☆

なりゆき斎王の入内 -この恋路、乱れがはしき- (ビーズログ文庫)
なりゆき斎王の入内 -この恋路、乱れがはしき- (ビーズログ文庫)

熊野編、なんですかね。
ストーリー的にはかなり中途半端なところで次巻に続いてしまいました(´・ω・`;)
あの引き方はズルい!
一方で正体がバレちゃったロールキャベツ男子・明槻と塔子の関係はなんとも不穏な感じに・・・・・・。
宮廷内の政争が恋愛関係にがっつり影響してしまってるせいで、簡単におさまるはずがないこのシリーズ。じっくりと進む塔子と明槻の関係にハラハラしつつも、最後はちょっとほっこりしました。
あと、温泉と言えばアレだよねというお約束は少女小説でもしっかり守られるものですね。

☆あらすじ☆
暁が東宮・明槻親王だった―。その事実を受け入れられないまま、塔子は東宮の義母・縋子の熊野行啓に付き添う羽目に。もちろん明槻も一緒だ。気まずい状態で熊野に到着した途端、塔子は迎えに来てくれた叔父の貴哉に人目もはばからず抱きついてしまう!!おかげで縋子には釘を刺され、明槻とも距離は開くばかり。だが、惑う恋心をよそに、東宮を狙う不穏な動きが…!?平安恋絵巻、第三宴!

以下、ネタバレありの感想です。

 

暁=明槻という事実をうまく受け入れることができない塔子。
東宮だと分かった以上は礼儀作法に気をつけなければならないし、「一年後には熊野に帰す」という言葉の真意も気になるしで、塔子は明槻と距離をおいてしまい、それは明槻も同じ。
そんな感じでギクシャクしたまま熊野へと向かうことになる、という不穏な幕開けのシリーズ第3巻。

 

明槻や縋子を狙った(?)海賊の正体とか、烏の死骸が投げ込まれたこととか、境界問題とか色々出てはきましたが、そこらへんはまとめて次巻に放り投げられてしまいましたね。そのせいでちょっとこの巻単独では盛り上がりに欠けた印象を受けました。前後編とかなのかな?

 

そこらへんの陰謀絡みは次巻を待つとして。

 

今回のメインは、正体がバレてしまった明槻と、正体を知ってしまった塔子のそれぞれの想いを丁寧に描き出すことにあったのでしょう。
塔子の方はかなり真剣に何度も何度も悩んでいましたしね。
「暁」への恋を自覚して、でもその想いをそのまま「明槻」に向けることをためらう塔子の気持ちが切ない。
前巻で明槻の出自と彼の今後が途方もなく面倒なものであることは実感しているわけですし、恋心だけで身の振り方を決めることはできないと自戒するのはいかにも塔子らしかったです。

それは明槻も同じなんですよね。自分の厄介ごとに塔子を巻き込みたくない、だけど・・・・・・っていうジレンマがたまらない!

そんな感じだったんでもうちょっと揉めるかとも思ったんですが、ラストでちゃんと明槻が腹をくくってくれてホッとしました。
字の汚さを笑われるという小さなところから、出自の悲劇という大きなところまで、不幸と不憫が固まってできたようなヒーローですが、そろそろ幸せになってほしいものです。
お姫様だっこ頑張ったしね!2回も!
まだ塔子が自分の気持ちをはっきり伝えてないような気もしますが、きっと気のせいです(そろそろ甘い雰囲気が読みたい・・・・・・)

 

そんな明槻にとってネックだった貴哉。
思っていたよりは三角関係がこじれませんでした。貴哉は保護者ってイメージが強いんですよね。塔子が再会早々抱きついたときは「うぉおう!?」ってなりましたけど、叔父さま自身は空気を読んでいましたし。
この人が塔子を本当のところどう見てるのかがよく分からないんですよねぇ。異性として思っているように見えたかと思えば、塔子のこんがらがった感情をほどいてあげたり。
塔子のことを大事にしているのだけはすごく伝わってきますけどね。

 

そんな叔父さまの流血シーンという衝撃の幕引きで次巻に続いてしまいました。
まさに鬼引き!
早く続きをお願いします(´;ω;`)

 

それにしても今回の明槻の挿絵、青ざめてるシーンが複数あったのが印象的でしたw
範康登場のイラっとしてるとこもですが、なんといっても温泉乱入シーンが。
塔子たちが温泉に入ってるシーンで「これ少年向けラノベだったら主人公が鉢合わせるパターンだな」とか思ってたんですけど、時間差でしっかりお約束が守られて満足です(*´∀`)
ヒロイン体張ってますねww
ふと思ったんですが、温泉って実は少女小説ではあまり見ないファクターだったりして?(忘れてるだけかも。そういえば「伯爵と妖精」ではヒーローが入浴中のヒロインに突撃してたな・・・・・・)

なりゆき斎王の入内 -この恋路、乱れがはしき- (ビーズログ文庫)なりゆき斎王の入内 -この恋路、乱れがはしき- (ビーズログ文庫)
小田 菜摘,凪 かすみKADOKAWA/エンターブレイン
売り上げランキング : 497Amazonで詳しく見る
スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。