ザ・ブレイカー2 断罪の処刑人は唄う

『ザ・ブレイカーⅡ 断罪の処刑人は唄う』(兎月山羊著/電撃文庫)★★★★☆

ザ・ブレイカー (2) 断罪の処刑人は唄う (電撃文庫)
ザ・ブレイカー (2) 断罪の処刑人は唄う (電撃文庫)

前巻の感想はこちらから
ザ・ブレイカー1 黒き天才、その名は | 晴れたら読書を

ダークヒーローが活躍するクライムサスペンス第2弾。
前回よりも主人公の異常性が浮き彫りになり、犯罪もより凶悪化しています。端的に言うと、1巻よりも面白かった!
今回は「公共の敵(パブリックエネミー)」を名乗る敵と対峙することになるのですが、犯罪そのものは残忍だし、その裏に隠された事情や目的も悲惨で重いし、それに対処するためにカナタが取った行動もアレだしで、なんか読んでいるとサイコパスが濁りそうでした。この後味の悪さはクセになりますね。
あとリセ可愛い。ラスト不覚にも萌えてしまった私は節操なし。

☆あらすじ☆
ネットで公開処刑を続ける殺人犯に史上最悪の天才と呼ばれる悪魔が挑む!
医療ミスを認めない病院の院長、車で子供をひき殺した女優……罪に問われず、ぬくぬくと生きている人間たち。
そんな「世間から反感を買っている」人々を殺してまわる連続殺人鬼が現れる。その名は「公共の敵(パブリック・エネミー)」。残虐な処刑の様子をネット上でライブ放送するという異様な手口で、多くの一般市民から熱狂的な喝采を浴びていく。「公共の敵に死を」とうそぶく彼の真の狙いとは――?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ザ・ブレイカー2 断罪の処刑人は唄う

青春ブタ野郎はプチデビル後輩の夢を見ない(青春ブタ野郎シリーズ2)

『青春ブタ野郎はプチデビル後輩の夢を見ない』(鴨志田一著/電撃文庫)★★★★☆

青春ブタ野郎はプチデビル後輩の夢を見ない (電撃文庫)
青春ブタ野郎はプチデビル後輩の夢を見ない (電撃文庫)

前巻の感想はこちらから
青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない(青春ブタ野郎シリーズ1) | 晴れたら読書を

麻衣さんがかわいすぎてニヤニヤが止まらないです。
なのに!なのに!このブタ野郎がぁあああああ!
とブチギレそうになったけど、やっぱりニヤニヤ止まらなかったです。超面白かった!
今回は、前回ちょろっと出てきた朋絵のお話。よくあるループものと思いきや・・・・・・「プチデビル」ってそういう意味だったんですね。
ラストのブタ野郎がイケメンモードでイラっときたものの(笑)、1巻同様爽やかな読後感の青春小説でした。良かった・・・ハーレムにはならなそうで本当に良かった・・・
・・・・・・それにしても、最近の高校生のコミュニケーションってほんと大変ですね。

☆あらすじ☆
タレント活動に復帰した麻衣先輩と彼氏彼女になり浮かれる咲太。のはずが、翌朝起きたら付き合う前に戻っていた!?“思春期症候群”が原因だと考える咲太の前に現れたのは、尻を蹴り合った仲の後輩・朋絵。彼女は友達の憧れの先輩からの告白を回避すべく、逃げ回っているらしい。そんな中、ふとしたことで咲太と朋絵が付き合っているという誤解が周囲に広まってしまう。しかも朋絵はこれ幸いと、咲太に「嘘の恋人」になってほしいと頼んでくるのだった。ち、違うんだ麻衣さ~ん!咲太の心の声もむなしく「嘘の恋人関係」が始まり!?フツーな僕らのフシギ系青春ラブコメ『青春ブタ野郎』シリーズ第2弾!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 青春ブタ野郎はプチデビル後輩の夢を見ない(青春ブタ野郎シリーズ2)