ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?6

『ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った? Lv.6』(聴猫芝居著/電撃文庫)★★★★★

ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った? Lv.6 (電撃文庫)
ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った? Lv.6 (電撃文庫)

前巻の感想はこちらから


2014年12月刊。
あれ?完結??と思うくらいクライマックス感があった第6巻。
でもシリーズはまだまだ続くようですし、まだまだ続いて欲しいくらい大好きなシリーズです。
だってねぇ?このシリーズが終わってしまったら糖分補給が大変になるじゃないですか。アコ可愛いよアコ。
今回はクリスマス回です。タイムリーですね。
ネトゲ部はギルマスぼっち回避のためにクリパを計画する一方で、LAのクリスマスイベントにも参加することに。でもそこでルシアンの妹を名乗るキャラが登場して・・・・・・という話でした。
やっぱり恋人達のイベントはラブコメでは一番盛り上がるものですよね。これまでの中で1番好きな回となりました(*´罒`*)甘いよぉ甘いよぉ。

☆あらすじ☆
今年こそはリア充クリスマスだと思った? 残念!!自称妹なストーカーによりクリスマス中止のお知らせ!?
あれ、結局ネトゲばっかやってたら二学期も終わり?クリスマス直前……?
そんな折。ネトゲ内クリスマスイベントに参加した英騎たちが出会ったのは――
「……え、えっ? お兄ちゃんっ!?」
残念美少女・亜子の前に現れた、”ネトゲの妹”というどっかで聞いたことのある属性のプレイヤー。そして亜子は吠える!
「勝手に決めた妹設定を押し付けて!」
完全に「おまいう」な状況下で、亜子は、英騎は、ネトゲ部は無事クリスマスを終えられるのか!?
残念で楽しい日常≒ネトゲライフ、ブーメラン直撃の第6弾!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?6

祓魔科教官〈デモンビーター〉の補習授業1 落第少女に咒術指南

『祓魔科教官〈デモンビーター〉の補習授業 落第少女に咒術指南』(すえばしけん著/一迅社文庫)★★★☆☆

祓魔科教官の補習授業 落第少女に咒術指南 (一迅社文庫)
祓魔科教官の補習授業 落第少女に咒術指南 (一迅社文庫)

そういえば初一迅社文庫です。アイリスはよく読んでるのですが。
最近よく見る「教官主人公+教え子ヒロインズ」の構図をとっている本作。
舞台となるのは、人に害をなす魔禍魂(デモン)を狩るためのプロ「祓魔技能士」を育てる学園。
素質はあるけど欠陥品な生徒たちに、プロの祓魔技能士である主人公が退学回避のための補習授業を行うことになる、というお話です。
途中までは「まぁよくある普通の教官ものかな?強いて言うなら主人公が何だかぼんやり気味かな?」と思っていたのですが。
この作品、終盤で面白さがグッと上がりました。
本題は2巻からなんでしょうね。読んでいる間はそうは思わなかったのですが、読み終わると1巻まるまるプロローグだったのかな、と感じたので。というか、本当の意味で主人公が登場するのってエピローグ直前からなのでは。

☆あらすじ☆
異世界との亀裂から現れる異形―魔禍魂を狩る“祓魔技能士”を養成する天原学園。学園に転入してきたフリーの祓魔技能士・日垣悠志朗(18)は、咒術も異能も使えない“常人”なのだが、落第寸前少女3人の補習授業を担当することに!祓魔科の優しい新任教官×クセもの少女たちの学園祓魔バトル!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 祓魔科教官〈デモンビーター〉の補習授業1 落第少女に咒術指南