RELIC 遺存種博物論

『RELIC 遺存種博物論』(曽我部浩人著/講談社ラノベ文庫)★★★★☆

RELIC 遺存種博物論 (講談社ラノベ文庫)
RELIC 遺存種博物論 (講談社ラノベ文庫)

この作品の主人公とヒロインですが、最初の出会いから衝撃の早さで「夫婦」になってしまいます。そして隙あらばイチャついてました・・・・・・いいぞもっとやれ。加速度的に糖度が増していくのでニヤニヤ注意です。
内容は、「遺存種(レリック)」と呼ばれる天狗や魔女の末裔である主人公達が、遺存種の復興を目的とする悪の組織と戦ったり、隠された神話の真実に迫ったりするというもの。
舞台は現代日本で、ジャンルは伝奇モノになるのでしょうが、それにしては蘊蓄が物足りなかったので私の印象としては伝奇要素もあるバトルファンタジーといった感じです。
近年稀に見るガチムチ系のいかつい主人公が、ロリ巨乳のちっこい嫁を愛でたり守ったりしながら敵を拳で叩きのめしていきます(途中の挿絵が完全に北●の拳)。
伝奇物+バトル+ラブラブ夫婦と、私好みすぎる作品でした( ´ ▽ ` )ノ
カップル好きにおすすめ!糖分補給にもどうぞ!

☆あらすじ☆
仙人、魔女、錬金術師、妖怪、魔物、忍者、陰陽師…かつて隆盛を極めたが現在絶滅寸前の彼ら“遺存種(レリック)”―そのひとり山峰大央。平凡な頭脳に非凡な身体能力そして「何でもシンプル」を信条とする高校生で、“天狗”の末裔でもある。ある日彼が助ける羽目になった少女・円。実は遺存種たる“魔女”の最後の一人だという。実は大央の住む湘南の街に来た円の目的は、そこに眠る神話的遺跡・“世界樹”の調査であった。意気投合し行動を共にする二人だが、やがて見えない敵の妨害を受け始める。遂には幼馴染みの少女・尤真に何者かの魔の手が及び、大央と円は彼女を救うため未知なる戦いに巻き込まれてしまうが…!?博物論的オリエンタルファンタジー登場!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む RELIC 遺存種博物論

ザ・ブレイカー1 黒き天才、その名は

『ザ・ブレイカー 黒き天才、その名は』(兎月山羊著/電撃文庫)★★★☆☆

ザ・ブレイカー 黒き天才、その名は (電撃文庫)
ザ・ブレイカー 黒き天才、その名は (電撃文庫)

ダークヒーローがかっこいいサイコなクライムサスペンス。
謎の覆面男が有力者の子女が集う学園を占拠し、交渉役として稀代の殺人鬼を指名する、という物語ですが、主人公はこの殺人鬼。
設定もキャラもとても好みな作品でした。欲を言えばもっとスリルある駆け引きが見たかったかも。
あと、サスペンス作品ですが近未来SF色が強いです。推理小説ではないです(推理はしていくけど、あのオチを導くのは無理があると思う・・・)。

☆あらすじ☆
醜い人面皮をかぶり「恐怖の顔」と名乗る謎の男が、200人以上の学生を人質に高校を占拠する。交渉人として呼ばれたのは、重犯罪特殊刑務所に収監中の、ある少年だった―。少年の名はカナタ。彼は、100万人もの命を奪った毒ガステロに荷担したうえに、64人の刑事を殺害した罪で死刑判決を受けている「悪魔」だった。人質を殺しながら不自然な要求を突きつけてくる凶悪な篭城犯と、他人の命に価値を見出さない冷酷な悪魔が、手に汗握る知能戦を繰り広げる…!緊張感溢れるクライム・サスペンス!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ザ・ブレイカー1 黒き天才、その名は