アオイハルノスベテ2

『アオイハルノスベテ2』(庵田定夏著/ファミ通文庫)★★★☆☆

アオイハルノスベテ2 (ファミ通文庫)
アオイハルノスベテ2 (ファミ通文庫)

前巻の感想はこちらから
アオイハルノスベテ1 | 晴れたら読書を

2014年11月刊。
期間限定対象限定な異能力を持った高校生達の「死ぬ気で頑張る」を描く青春小説第2弾。
文化祭編であり、プロレス大好き木崎さんの回でもあります。
前巻以上に青春していました。シリーズ全体の謎はまだまだ全容が見えてきませんね・・・・・・先行きの読めない作品ですが、それが面白いです。

☆あらすじ☆
「世界をやり直したいと思う?」まひるの問いかけに、驚きながらも詰め寄る浩人。しかし彼女が出したのは、文化祭の成功という交換条件と、二カ月後に学校を辞めるまで待って欲しいという予想外の要求だった。その上、まひるが新たな“シンドローム”―過去を読み取る力を使えることを知り…!?かくして始まった、死ぬ気で取り組む文化祭。果たして浩人はまひるの望みを叶えることが出来るのか!?オールデイズ青春グラフィティ、想いと涙の第二巻!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む アオイハルノスベテ2