勇者イサギの魔王譚2 それすらも幸せな日々だと気づかずに

『勇者イサギの魔王譚2 それすらも幸せな日々だと気づかずに』(みかみてれん著/エンターブレイン)★★★★☆

勇者イサギの魔王譚 2 それすらも幸せな日々だと気づかずに
勇者イサギの魔王譚 2 それすらも幸せな日々だと気づかずに

前巻の感想はこちらから
勇者イサギの魔王譚1 夢の始まりを始めるために | 晴れたら読書を

面白くなってきたー!
2度目の異世界召喚で勇者から魔王にジョブチェンジしたイサギの物語第2弾。もともとがなろう作品なので前巻ではWEB小説特有の起伏のなさを感じたのですが、2巻ではその不満点が見事に解消されて5割増しくらいに面白く感じました。今回から入った監修の影響?わかりませんが、物語も登場人物たちもかなり良い感じに温まってきています。
冒険者の不気味さが物語に緊迫感を与える展開となっていますが・・・最後のアレはなぁ、まぁひとりくらいそう考えてもおかしくないですが・・・寂しいなぁ(´・ω・`)

☆あらすじ☆
魔王候補四人VS不死身の冒険者
――最初の決戦が、幕を開ける。
冒険者の襲撃に備え、魔王城の修復を試み、さらなる修行に挑む魔王候補四人。いよいよ魔王が決定されるその日、地下より不死身のS級剣士が表れる。正面の門にはA級のアーチャー率いる冒険者軍。命を懸けた初めての戦いに挑むたった四人の少年たちは歴戦の戦士に打ち勝つことが出来るのか――?
再会、瀕死、戦争、裏切り……激動の第二巻!!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 勇者イサギの魔王譚2 それすらも幸せな日々だと気づかずに

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。10

『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。10』(渡航著/小学館ガガガ文庫)★★★★☆

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。10 (ガガガ文庫)
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。10 (ガガガ文庫)

前巻の感想はこちらから
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。6.5 | 晴れたら読書を

高校2年生の3学期スタートですね。
となれば本格的に考えなければならないのは高校卒業後の進路。そのための文理選択。
今回は、それに絡む葉山回でした。やっとここまできたかー、という感じです。9巻のエピソードを経なければ踏み込めなかった領域に話が進んでいき、このシリーズのラストも近いのだと実感してしまいます。

☆あらすじ☆
新しい年、新しい関係、新たなる想い。
冬休み。のんびりとした年の瀬、そして年明け。合格祈願の初詣や買い物など、予定外の外出が重なる八幡が新年の街で出会ったのは、雪ノ下陽乃と葉山隼人、そして……。教室で、部室で過ごしてきた時間で、お互いのことを少しは知ったように思えた。でも知らないことの方がたくさんあるのだろう。今も、そしてこれからも。冬休みが終われば、2年生とという学年ももうあとわずか。新学期にざわめく教室にはある人物の「噂」が流れていた。望むと望まざるとに拘わらず、同じ場所で過ごす時間は刻一刻と減っていく。そんな雰囲気だからなのか、奉仕部に持ち込まれた、ある依頼……その依頼は今までに知ることのなかった彼ら、彼女らの別の一面を映し出すことに。自分のしたいことが、相手の望むことは限らない。本当の気持ちが伝えたい気持ちとも限らない。誰かが知っているその人が、その人の本当の姿とは限らない。今を大切にしたいと思えば思うほど臆病になって、考えているのに答えは見つからないし、走っているのにゴールが見えない。
彼ら彼女らの、新たなる季節、新たなる関係。

以下、ネタバレありの感想です。
続きを読む やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。10