グラウスタンディア皇国物語4


『グラウスタンディア皇国物語4』(内堀優一著/HJ文庫)★★★☆☆

グラウスタンディア皇国物語4 HJ文庫
グラウスタンディア皇国物語4 HJ文庫

前巻の感想はこちらから
グラウスタンディア皇国物語3 | 晴れたら読書を

難攻不落の月の港を千の兵で攻略しよう!というシリーズ第4巻。
ちょっとご都合主義というか、あまり戦略性が目立たなくなってきた気がします。次巻は大きな山場を迎えるようなので、そういう意味では準備回的なものでもあったのかな。
コウソン主人公なラトルグ側も同時進行しているため仕方ないのかもしれませんが、どうしても全体の進行が遅いように感じてしまうのも残念。面白いんですが、もう一息盛り上げて!って思ってしまう・・・・・・(´・ω・`)

☆あらすじ☆
大国リジアによる30万の猛攻を辛くも退けた皇国。それで一息つく間もなく、軍師クロムはたった千の兵で難攻不落と名高いゾラ港攻略に挑むことに。その前準備として、クロムたちは西の大国ラトルグへと赴き、前代未聞の大博打に打って出る!!一方、北方騎馬民族との内乱平定に動くコウソンもまた、自らの命を賭して単身、敵陣へと乗り込むが―。西の大国ラトルグも激動の英雄戦記シリーズ第4弾!!

以下、ネタバレありの感想です。

 

クロムが主人公のグラウスタンディア皇国サイドと、コウソン主人公のラトルグサイドを同時進行させている本シリーズ。

まず、グラウスタンディア皇国側では、難攻不落のゾラ港を寡兵で落とすという話でした。
クロムのとった方法は調略。つまり餌をちらつかせての政治的交渉です。
その前提としての餌確保のために賭け事したりなんだりで、今回はユースティナが全体的に頑張っていた印象。
水に沈められたり、山を登らされたり、兵士にボコられたりと・・・・・・なんか皇女さまなのに過酷すぎる扱いでした((((;゚Д゚))))
彼女的にはクロムとキスできたからチャラなのかな。でもカウントしたくないって言ってたし。あ、ラストの手にキスでチャラか!(違

 

そしてユースティナ同様酷い目にあっていた幼女な皇女リリア
ロリコンの毒牙にかかりそうなところをガジェルに救い出され、新たなロリコンを生んだことは言うまでもない(違
ガジェルは何で戦線外されてリリアの警護に当たらされたんですかねぇ?彼の性格的にリリア救出に向かうとは予想出来ないと思うんだけど。
リリアをおとりにしようとしてダカット皇子の狙いはわかるんですが、そこにガジェルの存在が必要だったのかが今いちピンとこなかったせいで、ただガジェルにロリコン属性をつけたいがための展開に思えてしまったのは残念でした。YESロリータNOタッチの遵守をお願いします・・・・・・。

 

肝心のゾラ攻めについては、なんだかご都合主義というか。
ナターシアと何事もなくすれ違ったあたりから腑に落ちなかったんですが、最後のオチは精神論なやっつけ仕事すぎませんか。
軍師としてのクロムの知略ががっちりハマる爽快感がほしかったです。

 

一方、コウソンたちラトルグ側については、3巻であっさりと終わってしまったコウソンの北方出陣の詳細が語られました。
拷問描写はひぃいいっとなりました。怖い。それに打ち勝つコウソンも普通じゃない。

 

コウソンの方でも、クロムの方でも、「負けてしまった神の存在は人々の中から消える」ということがクローズアップされてきたように感じました。
大陸の統一を促す神の目的も気になりますね。

 

次巻は大きな山場となるとのこと。
アラティアの戦いは死闘になるのでしょうか。戦死者予告みたいな書き方されているのがそこはかとなく不穏です。
ラトルグ側もいよいよレイリンが王にたち、グラウスタンディアの前に立ちはだかるのでしょうか。

次巻はもっとクロムが軍師っぽく活躍してくれるといいな。期待しています。

グラウスタンディア皇国物語4 HJ文庫グラウスタンディア皇国物語4 HJ文庫
内堀優一,野崎つばたHJ文庫
売り上げランキング : 1313Amazonで詳しく見る
スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。