神様!仏様!きつね様! 花川戸姥が池の怪

『神様!仏様!きつね様! 花川戸姥が池の怪』(浅草アリス著/角川ビーンズ文庫)★★★☆☆

神様!仏様!きつね様! 花川戸姥が池の怪 (角川ビーンズ文庫)
神様!仏様!きつね様! 花川戸姥が池の怪 (角川ビーンズ文庫)

現代が舞台の妖怪退治ものというと、最近はメディアワークス文庫とか角川ホラー文庫のお家芸のような気がしますが、こちらは角川ビーンズ文庫の新作です。先月も似たような作品がありましたし、少女小説でも力入れていくのだろうか。
この作品、なぜか新人賞受賞作だと思い込んでいたのですがE☆エブリスタで発表済みの作品だったんですね。
なろうやらE☆エブリスタやらオンノベの書籍化が多すぎてもうついていけてない感ある。
肝心の内容なんですが、完全にプロローグ。意味深な伏線がたくさん出てますが未回収すぎて少しもやもやしました。大丈夫かなちゃんと続刊出るかな。
設定は良かったし、現代的チャラ男な神主ヒーローも面白かったです。主人公の巫女さんのキャラが薄かったのは残念ですがその分、別のお方のキャラが濃くて欠点を埋めていた印象。
文章が簡潔すぎるものの、軽く楽しめる作品だったと思います。

☆あらすじ☆
三井ゆき乃、高校二年生。実家が神社なので、巫女をしていること以外はごく普通の女子高生…だった。その美貌と気高さで評判の浅草神社の神主・藤原光流と出会うまでは。「文句あるのか?妖怪」「俺のものになれよ」「お前、彼氏いなそうだもんな」―神主の口から次々飛び出す暴言の数々。実は超絶俺様でチャラい光流のせいで、ゆき乃は幽霊退治をするハメに!だがそこには、ゆき乃の正体が関係していて・・・?

以下、ネタバレありの感想です。
続きを読む 神様!仏様!きつね様! 花川戸姥が池の怪

グラウスタンディア皇国物語4

『グラウスタンディア皇国物語4』(内堀優一著/HJ文庫)★★★☆☆

グラウスタンディア皇国物語4 HJ文庫
グラウスタンディア皇国物語4 HJ文庫

前巻の感想はこちらから
グラウスタンディア皇国物語3 | 晴れたら読書を

難攻不落の月の港を千の兵で攻略しよう!というシリーズ第4巻。
ちょっとご都合主義というか、あまり戦略性が目立たなくなってきた気がします。次巻は大きな山場を迎えるようなので、そういう意味では準備回的なものでもあったのかな。
コウソン主人公なラトルグ側も同時進行しているため仕方ないのかもしれませんが、どうしても全体の進行が遅いように感じてしまうのも残念。面白いんですが、もう一息盛り上げて!って思ってしまう・・・・・・(´・ω・`)

☆あらすじ☆
大国リジアによる30万の猛攻を辛くも退けた皇国。それで一息つく間もなく、軍師クロムはたった千の兵で難攻不落と名高いゾラ港攻略に挑むことに。その前準備として、クロムたちは西の大国ラトルグへと赴き、前代未聞の大博打に打って出る!!一方、北方騎馬民族との内乱平定に動くコウソンもまた、自らの命を賭して単身、敵陣へと乗り込むが―。西の大国ラトルグも激動の英雄戦記シリーズ第4弾!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む グラウスタンディア皇国物語4