黒鋼の魔紋修復士〈ヒエラ・グラフィコス〉11

『黒鋼の魔紋修復士11』(嬉野秋彦著/ファミ通文庫)★★★★★

黒鋼の魔紋修復士11 (ファミ通文庫)
黒鋼の魔紋修復士11 (ファミ通文庫)

前巻の感想はこちらから
黒鋼の魔紋修復士10 : みかこの読書日記

思春期か!
ディーが可愛すぎてツラいです。
前巻ラストから完全にラブロマンス化した本シリーズ。読みながらニヤニヤするので外で読むことはおすすめしません。
ラブロマンスも絶好調ですが、シリーズ全体も大きく動き出し、クライマックスに向けてどんどん盛り上がっています。
ここにくるまで大量の国名人名伏線をばらまき放題だったわけですが、それらが一つの結末に向けて集まっていく感じにとてもゾクゾクしますね。このシリーズ最高すぎる!

☆あらすじ☆
カリン、シャキーラを一蹴しアーマッドを去ったオルヴィエトとルキウス。重鎮であったリヒテルナッハ家の罪を問う声は大きく、連座としてディーも獄中の身となってしまう。誰よりも信頼していたふたりを失い捨て鉢になるディーだが、彼の下を訪れたカリンから、同盟各国で起こる破壊活動にルキウスが加担していること、さらに自分への恩赦のため、ヴァレリアがイサークと婚約するという噂を知らされる。気持ちの揺らぐディーは決死の行動に出るが…!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 黒鋼の魔紋修復士〈ヒエラ・グラフィコス〉11

勇者イサギの魔王譚1 夢の始まりを始めるために

『勇者イサギの魔王譚1 夢の始まりを始めるために』(みかみてれん著/エンターブレイン)★★★☆☆

勇者イサギの魔王譚1 夢の始まりを始めるために
勇者イサギの魔王譚1 夢の始まりを始めるために

異世界召喚されて勇者として魔王を討伐した少年が、なぜか魔王として再び同じ世界に召喚されるという物語。
弱くてニューゲームなリスタートものですが、「パナティーア異譚」(ファミ通文庫)といい、最近異世界召喚・転生ものから外そうとする周回プレイものすら多くなってきたような気がします。
ただ、この作品の妙は設定とキャラ配置にありました。周回プレイキャラである主人公と、初回プレイキャラである他の召喚少年たちの温度差がすごくて、そこがとても楽しかったりします。
冷静に現代人の感覚で観察すると、主人公がかっこいいんだか痛いんだかよくわからなくなるんですよね。本人はいたって真面目なんだけどなぁw
1巻は完全に序章ではあるものの、これはきっと面白くなるんじゃないかと予感させる雰囲はあります。ただちょっと本題に入るまでが長かったので、そこは残念。
もともとはWEB小説ですが、まるごと書き下ろしているのでほぼ別作品、らしい?(WEB版未読のため判断できず)

☆あらすじ☆
学生 → 勇者 → 魔王。運命に抗えず、少年イサギは流転する。
「これからも、俺についてきてくれないか」
——共に歩んだ愛する少女に告白した瞬間、勇者イサギは未来へと飛ばされた。彼を喚んだのは、敵対していたはずの魔族。
「お、お願いします、魔王さま方……わたしたちを、冒険者の魔の手からお救いくださいませ……! 」
滅亡の危機に瀕した魔族を救うため、愛する少女を探すため、イサギは立ち上がった——ただし、魔王イサギとして。時を超え、種族を越え、少年の夢は再び世界の希望となる! !

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 勇者イサギの魔王譚1 夢の始まりを始めるために

対魔導学園35試験小隊7 逆襲の紅蓮

『対魔導学園35試験小隊 7.逆襲の紅蓮』(柳実冬貴著/富士見ファンタジア文庫)★★★★☆

対魔導学園35試験小隊 7.逆襲の紅蓮 富士見ファンタジア文庫
対魔導学園35試験小隊 7.逆襲の紅蓮 富士見ファンタジア文庫

前巻の感想はこちらから
対魔導学園35試験小隊6 瑠璃色の再契約 | 晴れたら読書を

タケルが内側にいた1月の間、小隊メンバーが何をしていたかが明かされるシリーズ第7巻。
桜花の仇もついに登場です。
途中の女子会に不覚にもニヤニヤしてしまいましたw

☆あらすじ☆
残存する魔力の脅威を取り締まる『異端審問官』の育成機関、通称『対魔導学園』には、劣等生の寄せ集め部隊『第35試験小隊』が存在する。タケルを欠いた小隊の面々は、純潔の徒殲滅作戦の最前線にいた。タケルのかわりに隊長を務める桜花は、戦果を上げようと逸るが、その前に因縁の魔女が姿を現す。「さあ―あなたの笑顔を、私が作ってあげるからね」桜花の人生を狂わせた忌まわしき仇―ラフメーカー。復讐を果たすこと、仲間を守ること。桜花は二つの想いの間で激しく揺れるが、ラフメーカーの力はあまりにも強大で…!?絆の炎が紅く燃える学園アクションファンタジー!

以下、ネタバレありの感想です。
続きを読む 対魔導学園35試験小隊7 逆襲の紅蓮