対魔導学園35試験小隊6 瑠璃色の再契約

『対魔導学園35試験小隊 6.瑠璃色の再契約』(柳実冬貴著/富士見ファンタジア文庫)★★★★☆

対魔導学園35試験小隊 6.瑠璃色の再契約 富士見ファンタジア文庫
対魔導学園35試験小隊 6.瑠璃色の再契約 富士見ファンタジア文庫

前巻の感想はこちらから
対魔導学園35試験小隊5 百鬼の王 | 晴れたら読書を

表紙が美しいですね。見ての通りのラピス回です。
舞台を対魔導学園の外に移してのリスタート。修行シーンがあるラノベは昨今珍しいってどこかで聞いたような気がします。
前巻からどんどん面白くなってきているこのシリーズ。気になっていた伏線もやっと回収され少しずつ全貌が明らかになってきたのでしょうか。
あとがきの「ホーンテッドが仲間になりたそうな目でこっちを見ている」には笑いましたw

☆あらすじ☆
残存する魔力の脅威を取り締まる『異端審問官』の育成機関、通称『対魔導学園』には、劣等生の寄せ集め部隊『第35試験小隊』が存在する。幻想教団=魔女達の育成機関『魔導学園』に捕らわれたタケル、ラピス、マリの3人は、このままだと処刑されるという危うい立場にいた。魔導学園での生活を強いられる中、どういうわけかタケルを拒絶し続けるラピス。「あなたは私を手放した。それが全てです」そんな中、幻想教団の過激派『全能の魔女』のエリザベーテがラピスへと襲いかかり―。失われた絆を取り戻す学園アクションファンタジー!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 対魔導学園35試験小隊6 瑠璃色の再契約