ひとりで生きるもん! 〜粋がるぼっちと高嶺の花〜

『ひとりで生きるもん! 〜粋がるぼっちと高嶺の花〜』(暁雪著/MF文庫J)★★★★★

ひとりで生きるもん!  ~粋がるぼっちと高嶺の花~ (MF文庫J)
ひとりで生きるもん! ~粋がるぼっちと高嶺の花~ (MF文庫J)

素晴らしかった!
第10回MF文庫Jライトノベル新人賞《佳作》受賞作です。何で佳作?ほんとに何で!?
あとがきによればかなり試行錯誤しての改稿作業だったらしいですが、それでこのレベルの作品が生まれるなら世の新人賞受賞作は名作だらけになってしまうじゃないですか・・・・・・

というわけでかなりピンポイントに私好みだった本作。
「美少女をみたら詐欺師と思え」が座右の銘のぼっち男子高校生に、学校一の美少女が文化祭でやる漫才の相方になってほしいとお願いしてきて・・・、というお話でした。ド直球な王道ラブコメです。
泣けるくらいまっすぐで、不器用だけど一生懸命な高校生の青春に心を打たれてしまいました。
漫才をやろうっていうコメディな話なのに、肝心のシーンは感動して笑うどころじゃなかったぞ!どういうことだ!
最後の最後まできらきらした恋の物語。1冊で過不足なく、一切の不満なく綺麗に終わっています。
砂糖注意。青春バカップル万歳!

☆あらすじ☆
「性格のいい美少女なんてものは、地球上のどこにも存在しない」そんな信念を持った結果、クラスヒエラルキーの底辺にいるお笑い好きの少年・織田慶人。彼の心のよりどころは校内で唯一交流を持つ文通相手・手紙の君だ。ある日慶人はその手紙の君と会う約束を交わし―強く後悔することになる。そこに現れたのはなんと学校一の美少女・湊千紗だった。たとえぼっちになろうとも、美少女とは決して関わらない。そう誓っていた慶人に、千紗はとんでもないお願いを口にする―「わたしの相方になってください!」第10回新人賞“佳作”受賞、ぼっち×高嶺の花で贈る、「ひとりでだって生きられるけど、やっぱそれって難しいよね」系ラブコメ!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ひとりで生きるもん! 〜粋がるぼっちと高嶺の花〜

路地裏の精霊姫

『路地裏の精霊姫』(日向夏著/一迅社文庫アイリス)★★★☆☆

路地裏の精霊姫 (一迅社文庫アイリス)
路地裏の精霊姫 (一迅社文庫アイリス)

私、まちさんのイラスト好きなんです。
そして日向夏さんの「薬屋のひとりごと」(ヒーロー文庫)は最近ハマった1冊。
ということでこのタッグに期待を寄せて読んでみました。
内容は、宝石職人見習いの少女が、行き倒れの駄犬、じゃなかったイケメンを拾って餌付けする話です。前半は大体そんな感じですが、次第に通り魔事件やら青年の正体やらが絡んで騒動に発展していきます。
とりあえず言いたいのは、表紙に騙された!
か弱そうにみえてこのヒロイン、おてんばってレベルじゃないです!ww
下町娘としては正しい形かもしれませんね。すごいです。何がすごいって、とりあえずピンチは頭(物理)と脚(上から)でどうにかくぐり抜けてる感じがすごい。おそらくこの表紙の次のカットでは、ヒロインの頭が隣の美青年のアゴの下にめり込んでるはず・・・・・・。そんなこともあるかもしれない。
ちょっと終盤が展開が急ぎ足な上に消化不良気味でしたが、全体的には面白かったです。

☆あらすじ☆
精霊が見える、宝石職人見習いの少女クラウディア。ある日彼女は、精霊に囲まれていた青年アズーロが、目の前で倒れたのでつい助けてしまう。それ以来、彼女の家を訪れるようになった彼の目的は、もちろん助けてくれたクラウディア。…ではなく、彼女が作るご飯!?世間知らずなアズーロに調子は崩されっぱなし。そのうえ、奇妙な事件に巻き込まれはじめて―。

以下、ネタバレありの感想です。
続きを読む 路地裏の精霊姫

対魔導学園35試験小隊5 百鬼の王

『対魔導学園35試験小隊 5.百鬼の王』(柳実冬貴著/富士見ファンタジア文庫)★★★★☆

対魔導学園35試験小隊 5.百鬼の王 富士見ファンタジア文庫
対魔導学園35試験小隊 5.百鬼の王 富士見ファンタジア文庫

前巻の感想はこちらから
対魔導学園35試験小隊4 愚者達の学園祭 | 晴れたら読書を

何コレむちゃくちゃ面白いじゃないですか!!
シリアス風味のおっぱいラブコメだと思っててすみません。いや、前巻までのシリアスも十分に重かったんですけどね・・・今回はそんなレベルじゃない。
5巻にしてやっと本題に入り、満を持しての草薙兄妹回。
ぼんやりとした視界が唐突に開けたような印象を受けました。重く暗い展開の連続に絶望を感じさせつつ、ラストをあそこで切っちゃうのはどうなんですかねぇ!?
設定の割には世界観が学園まわりに留まっていて少し狭いなとは思っていたのですが、そうくるのかぁ・・・っ!

☆あらすじ☆
残存する魔力の脅威を取り締まる『異端審問官』の育成機関、通称『対魔導学園』には、劣等生の寄せ集め部隊『第35試験小隊』が存在する。二学期も終わりにさしかかった冬のある日、タケルたちは一人の少女と出会う。極めて特異、極めて異端なSS級危険指定として、最奥監獄に幽閉されているはずの彼女の名は草薙キセキ―35試験小隊の隊長・草薙タケルの妹にして不確定古代属性『百鬼夜行』と呼ばれる呪われた存在だった。「―キセキを、殺してくれないかな?」脱獄してまで叶えたい彼女の願いに、苦悩するタケルだったが―。果てなき闇を切り裂く学園アクションファンタジー!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 対魔導学園35試験小隊5 百鬼の王